四国霊場第60番札所横峰寺。
このお寺の名物と言えば境内に咲く石楠花(シャクナゲ)です。

今年は例年になく早い開花となり、今が一番の見ごろを迎えています。

!cid_76B16E9B-4BEB-4287-BA82-2BDFBD00D999.jpg

車遍路の場合は駐車場から大師堂を過ぎると見事に咲く石楠花が見れます。
対して歩き遍路の場合は、山門をくぐる辺りから石楠花を見る事ができます。


!cid_972086F6-CCBA-4AD9-8768-83F8D36D622D.jpg

この石楠花。
先々代の住職が植樹をして約50年を数えています。

「見ごろはゴールデンウィークあたりまで」とご住職。
境内のシャクナゲはお参り目的の人だけでなく、わざわざお花を見るために遠方から訪れる人もいます。

ブログをご覧の皆さまもぜひこの機会に満開の石楠花を楽しんでみてください。
(写真提供:横峰寺 亀山住職)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国八十八ヶ所霊場第68番神恵院および第69番観音寺。
今までの納経所が写真のように仮寺務所に移転になりました。


!cid_B7502B7A-3CAD-4392-9298-0AA61E21DAA8.jpg

仮寺務所は68番大師堂横になります。
従来の寺務所の整備工事に伴う一時的な移転となります。
仮設は一年半程度を予定


ただ68番の大師堂でお経を唱える声が納経所に聞こえる距離なので、お参りされる方(特に先達さん)はしっかりとご住職に見られていますからきっちりとお経を唱えましょう。手抜きは禁物です!



!cid_4591F1B0-B495-48DD-B0BD-FEBF132A1340.jpg

以前、このブログでも書いたように、法螺貝初心者のわたしが恥知らずの法螺貝を68番境内で立てていたら、ご住職がわざわざ工事前の旧納経所から出て来られてガン見されたのには驚きましたが、仮納経所になればすぐに顔が見えるので、おそらく出て来やすいでしょうね(笑)まあその節はまたよろしくお願いします。


(なお、この写真はご住職が撮影されたものを許可をいただいて掲載しております)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
高知県を流れる仁淀川にかかる沈下橋。
「名越屋(なごや)沈下橋」は、四国霊場35番札所清滝寺から車で約25分。

!cid_96A2EB9E-F04C-4332-912C-78BFADADFC38.jpg


国道194号線を西条方面に向かう途中にあります。
沈下橋と言えば四万十川にかかる橋が有名ですが、仁淀川にもしっかりあります。

!cid_C27E821C-E06C-47EB-957C-337E13940653.jpg


名越屋沈下橋の場所
(クリックできます)




沈下橋には橋の欄干がないので、クルマの運転操作を間違えばそのまま川に落ちてしまう恐ろしい場所でもありますが、地元の方はその生活道路をスイスイと渡って行きます。

!cid_A6382F1C-44CC-495F-9618-8EADE29748EA.jpg


今回はその橋を歩いて渡ってみました。
動画には途中で自分自身とクルマがすれ違う場面もありますので最後までご覧ください。
↓↓↓


[広告] VPS



皆さんも清滝寺に参拝の際に少し足を伸ばして、仁淀川にかかる沈下橋を渡ってみてください。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村



阿波池田にある箸蔵寺(四国別格&不動霊場)。
箸蔵寺ロープウェイ乗り場の向かい側にあるうどん屋さんは讃岐うどんです。

!cid_5539C04C-E648-4E85-907B-AC579A730629.jpg

ここはお昼時は駐車場がすぐに満車になるほどの人気店。
その場合はロープウェイの駐車場に停めることもご愛嬌です(笑)
店内は意外に広く、駐車場が満車だからと言って諦める必要はありません。


!cid_B4D24992-1CB2-4288-A291-ADCBC46C292C.jpg

お客さんのほとんどが食べる名物は「釜あげうどん」。
大盛りはないので、大盛りを頼む場合は「たらいうどん」になります。

写真をごらんのように、トッピングになるネギ&天かすはお好きな量だけ入れます。

!cid_E0802DCC-EA7E-4870-8013-2748235B8510.jpg

写真右側にあるとっくりには出汁が入っています。
その出汁をお椀の中に入れて、つけ麺のようにして食べます。
この出汁の味がサイコーに美味いのです!
(香川にある長田in香の香とはまた違う出汁の味です)


!cid_6EA9CF21-19B4-48A1-8266-6A3552B71A58.jpg

人気のいなりずしはどんどんなくなります!
(わたしは12時前に入ったので在庫はまだまだありました)

!cid_6C9F7827-1838-4441-8C42-A487E2A54557.jpg

天ぷらもお昼の時間帯にはほぼ完売になります。


!cid_B8ED72D0-E7AB-4346-93D8-FB04BB2F51AE.jpg

注文したうどんを待つ間にお客さんは大体おでんを獲りに来ます。
出汁がおでんに浸み込んでいてこれまた絶品です!


!cid_6A12F8B4-6D47-4CA8-A98C-533194933DA9.jpg

お店の人もひたすらうどんを作っていました。
作っているところが見れるのがまたいいですよね。


さぬきや公式ホームページ
(クリックできます)



お近くにお越しの際はぜひ食してみてください。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国36不動霊場第4番札所箸蔵寺。
荘厳な雰囲気のある古刹はいつお参りに行っても癒されます。

!cid_4C90294B-10DE-4051-BF93-38B339DB0435.jpg

本殿へお参りするには最後の関門。
長い階段を上らなければなりません。
(この写真は階段の途中から撮ったものです)


!cid_549950B2-D358-4A0F-8F37-41A066C82369.jpg

箸蔵寺は四国別格霊場でもありますが、今回はお不動さんにお参りです。
36不動霊場としてお参りするにはお不動さんに会いに行かねばなりません。
お不動さんは本殿の左側にお祀りされています。


!cid_019AD458-B7A3-4819-AC30-2C0BA2002216.jpg

本殿。
すばらしい建築物だと思います。
(国指定の重要文化財が本殿を含めて5棟あり)

奉納された天狗様にもご挨拶!



!cid_4A757738-7D77-4CF4-85FA-D558DBF6713A.jpg

ほかの参拝者がいなくなるのを確認して
練習中の法螺貝を奉納させていただきました。

まだ甲音(高い音)は苦手ですが、この日は割とすんなり音が出ました。
多分お不動さんが見守ってくださっていたのでしょう。
恥ずかしがっては練習になりませんので、法螺貝を立てることに集中です。

節分明けから始めた法螺貝ですが、まだまだ勉強することが山積みです。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村