四国霊場58番札所仙遊寺に残る伝説をご存じでしょうか?
「犬塚池の伝説」を言います。

犬塚池は文化4年(1807年)に完成したため池で、仙遊寺と57番栄福寺の中間地点に位置する池です。
そのため池に伝説が残っています。

犬塚1

仙遊寺の車回転場所から見える犬塚池は他のため池よりも群を抜いて大きいのでひと目でわかります。池そのものの形もどことなく「犬」に似ている所が面白いと言えます。写真は池の畔から撮影したものです。


さて、犬塚伝説ですがよい説明書きを発見したので、貼り付けておきますのでご覧ください。
犬塚池伝説
(クリックできます)

犬塚2

犬塚池は大規模のため池であるところから、池の堤防(約10m)がかなり大きく作られています。
その堤防下にあるのが、写真の犬塚になります。

犬塚3

今では、地元の方のお散歩コースになっていました。
地元の方曰く、右側のお地蔵様が犬のお墓だそうです。



犬塚4

犬塚樋。
ここから池の水が排水されるわけです。立派な樋口でした。



犬塚5

堤防はかなりの急こう配ですが、階段状に整備されているので、池畔に出る事ができます。
ただし堤防はかなりの老朽化が進んでいて、そろそろ堤防の改修をする時期に来ている(58番副住職)との事でした。



場所は、仙遊寺から栄福寺に向かう途中(右手側)に大きな堤防が見えて来たらそれが犬塚池です。地図には「碑」の位置を落とし込みましたので、時間に余裕のある方は探してみてくださいね。

犬塚6







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国霊場58番札所仙遊寺の柴燈護摩法会のご案内です。
仙遊寺の「厄とばし」柴燈護摩は毎年、正月明けの1月第2日曜日の開催です。

開催日:平成29年1月8日(日)午前11時より
場所:仙遊寺境内

正午より参拝者の厄とばし火渡りが始まります。
古いお札を持参できますので、お焚き上げをしていただけます。

!cid_953B9C31-68DD-42CB-9779-9DC6D7A7D494.jpg


なお、火渡りの後に、豪華賞品が当たる福引きもあり、毎年盛り上がりますのでぜひお越しください。
お正月明けに火渡りして厄を飛ばす行事に参加してみませんか?




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国霊場第25番札所津照寺そばを流れる川に架かる橋「両栄橋」が架け替え工事のために全面通行止めになっています。これは歩き遍路、車遍路に関係なくわれわれ遍路にとって影響のある工事です。

津寺1-2

通行制限期限:平成31年5月末まで(予定)

津寺1-1


迂回ルートマップは、前後の札所(24番最御崎寺、26番金剛頂寺)でも入手できます。
とんでもなく迂回するようなルートではありませんが、近くをお参りする方は注意してください。
なおルートマップがない場合でも、現地に警備員がいますので「津照寺に行きたい」と言えば、その場で教えてくれます。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国霊場第45番札所岩屋寺奥の院「白山大権現」。
岩屋寺山門よりさらに険しい登りを上っていくことになります。

白山大権現については、以前にブログで書いていますのでご覧ください。
白山大権現
(クリックできます)

その白山大権現は、現在、残念ながら登拝禁止になっています。



iwayaji.jpg


頂上にかかるハシゴの老朽化により、危険と判断されたことが原因です。

復旧する時期に関して、大西副住職に確認したところ、
今のところ、復旧のめどは立っておらず、春までに復旧させたいとの事でした。
今から厳しい季節になる久万高原地方。
春までに復旧すれば良いですが、工事を急ぐばかりに大きな事故に繋がる場所でもあります。

どうか安全第一に復旧されることを望んでおります。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

四国霊場第45番札所岩屋寺。
岩屋寺の山号は「海岸山」と言います。

では、山奥にある岩屋寺の山号がなぜ「海岸山」というのでしょうか?
ある先達さんは、太古の昔はこの辺りも海の中であったために海岸山となった、、、と一般のお遍路さんに説明する方もいますがそれは違います。

!cid_30311ABE-E9A3-4D21-91ED-7746DA870CED.jpg

ヒントは、弘法大師が詠んだとされる歌(ご詠歌ではない)に隠されています。
「山高き 谷の朝霧 海に似て 松吹く風を波にたとえむ」

岩屋寺の奥の院「白山大権現」は時宗の開祖・一遍上人が修行された場所でもあります。
その山頂の様子を描写したこの歌に因んで「海岸山」と定められた、と大西隆善副住職。



!cid_93046CB0-C897-49F6-95EE-8D376486DC53.jpg


次に、岩屋寺には院号がありません。
ほかのお寺には院号がありますが、それがないのは11番藤井寺、岩屋寺、68番神恵院、69番観音寺だけです。

岩屋寺は元々44番大宝寺の奥の院だったことから、どうしても付けなさい!と言われた場合は「奥の院」となる、とは前出の大西副住職のお話しでした。11番、68番、69番に院号がないのが気になるので、またお寺で尋ねてみることにします。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。