四国別格20霊場第2番札所童学寺。
ここは弘法大師が幼少の頃に勉学に励んだ行基開祖の古刹です。

平成29年3月25日に火災に遭い、本堂など主要な建物が焼失。
幸いにもご本尊の薬師如来(国の重要文化財)は住職が本堂から持ち出して難を逃れています。
がしかし、その他の仏様はほとんどが焼失。

火災は漏電が原因とされていますが、古い建物は漏電が怖いです。

!cid_AF8A70D6-C87E-437A-8714-56FD732B4DCA.jpg

お寺の再建は檀家さんだけの力ではなかなか進みません。
そこでブログをご覧の皆さまにもご協力をお願いいたします。



!cid_BBA39FB1-3E0A-43A0-9C01-89DCE8F52EB0.jpg


このブログをご覧以外の方に情報提供するだけでも結構です。
それが大きなうねりとなり、お寺の再建に少しでも繋がることを祈念します。


!cid_66EE07BE-9742-4B18-A361-B8AF999A965A.jpg


どうかご協力をお願いいたします。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
いままで柴燈護摩をいろんなお寺で見ていて、「自分にはあんな風に法螺貝が吹けるのだろうか?」なんて漠然と思っているだけだったが、先達を長年していると行者さんとの付き合いも増えてくるわけで、有る時に法螺貝を上手に吹く(正式には立てるという)お四国の先達さんに触発されて「だったら自分も」的発想になり、練習を真剣にしようと考えました。
でも自分が行者さんになる訳ではなく、単純に法螺貝を意のままに吹いてみたいという発想です。


!cid_02FD2B2F-DF6A-49F4-9C12-B3A13F19DEFB.jpg


まずは、或るお寺さんに法螺貝をお借りして、そのお寺さんに教えを乞いながらの練習です。
一に練習、二に練習。一日5分でもいいからとにかく「練習」。


!cid_AD53C56E-1A30-4DE1-B30E-CC5B0351CF2E.jpg

自宅から車で10分のところによい練習場所を確保できたことが大きいです。
とにかく練習は、近隣の迷惑(騒音公害)にならないように。



!cid_7217E5F0-C1CF-4823-B329-3BE40F3A7CB7.jpg

2月3日の節分あたりから練習を重ねて、今は低い音(乙という)の安定感がやっと出て来ました。
でもまだその程度です。
反(かえ)しなんて、まだまだ先。

我が身は不動明王にして、今吹き鳴らす法螺の音は、遠く大宇宙の彼方まで響き渡るものなり。この音を聞きたる衆生の罪障は即座に消滅し神仏の篤き加護を受けるものなり。

という事でどこまで出来るか分かりませんが頑張ります。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
平成30年は四国別格霊場が開創50周年であることは前回のブログで触れましたが、今年は四国36不動霊場が開創30周年を迎える年でもあります。今年は“お四国参り”が熱い年になりそうですね!

ということで、今回は36不動霊場の情報をアップします。

!cid_1A26059D-B186-41C5-8738-866379A53E18.jpg

写真の右側が通常の納経。
左側が開創30周年記念の納経になります。

また寺院によって台紙の色がそれぞれ違います。
(西山興隆寺は水色でした)

不動霊場の納経帳が四国88ヶ所の納経帳と違うのは、右端に二つの穴が開いていること。これは不動霊場の納経帳がバインダー式になっていて、霊場にお参りするごとに順番にバインダー本体に足していく形態を採っているからです。


!cid_0631C781-DF90-47A6-8347-3A4EBD4D617F.jpg

納経の裏面です。
裏面は同じでした。



!cid_E9E9E9E1-A950-429B-B92F-998EE9E27707.jpg

そして今回は御影が特別にいただけることです。
それぞれの童子に赤い線状のものが見えますが、36不動を結願して御影をすべて合わせると見事なお不動さんが1体現れる仕掛けになっています。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

四国三十六不動霊場公式HP
(クリックできます)


皆さんもこの機会に不動霊場を巡拝されてみてください。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国別格20霊場は今年で開創50周年を迎えるにあたり、1月1日より各札所で記念散華を配布中です。

!cid_BCAB5A78-877D-4526-8688-1E39208946BA.jpg

自宅から近い10番、11番札所に早速お参りに行って来ました。
写真はいただいた散華です。

散華中央の梵字は金色(金箔押し仕立て)。
裏側には今年が開創50周年であることが記されています。
札所の御影と記念散華をセットでいただけます。



!cid_A63A4010-D6AF-4672-B050-9A9384F0E4D2.jpg

さらに
札所によっては、写真のように記念スタンプが押せる札所もあります
ただし記念スタンプがない札所もありますので、納経時に確認が必要です。


記念散華の配布は、平成30年1月1日~平成31年6月30日までです。
詳細は別格霊場のホームページを参照ください。

四国別格20霊場公式ホームページ
(クリックできます)


皆さんもこの機会にぜひお参りください。










ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
四国別格20霊場第7番札所の出石寺。
50年ぶりのご本尊ご開帳に参拝した時に見た御守。

「あじさい守」

そういえば、
出石寺の参道はたくさんのあじさいが植えられていて、あじさい寺と呼ばれて久しいお寺です。


!cid_5ABE07CD-85AE-482A-82B5-54B4D657A958.jpg

ご本尊のご開帳は10月だったので、参道のあじさいは季節が違うために花を見る事はできません。
ただし写真のように、大師堂から本堂を眺めると七色の幕が晴天に映える風景を見る事ができました。



!cid_E8375593-4C9C-45CF-9C7E-509A13C052E9.jpg

そのあじさい寺のあじさい守は、昔から人気のお守りです。
特に若い女性の間では隠れた人気を誇ります。



一方で最近は四国八十八ヶ所でもあじさいを売りにしたお寺があります。
66番札所雲辺寺。

!cid_4AAB42E0-B86F-493F-A21A-AC3C09BA1278.jpg

これまた地元のケーブルTVで放送されて以降は、入荷すると即完売する御守がこれ。
あじさい御守。



双方ともなかなかかわいいお守りです。
ふたつとも手元に持つのも相乗効果で良いかも知れませんね。
あじさい好きの方には見逃せない逸品です!





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。