家内の曽祖父が大正年間に四国霊場を巡拝した納経帳。
その納経帳の中に記念スタンプがある霊場を見る事ができます。

大正12年。
この年は弘法大師生誕1150年の記念事業として記念スタンプを霊場が作り、遍路の納経帳に押印した事がわかります。興味深いのは記念スタンプが霊場それぞれの独自のデザインであることです。
ここではスタンプのはっきりしている霊場について画像を公開しました。

1150yr
第5番札所 地蔵寺のご納経です。
はっきりとスタンプの字が読み取れます。

1150yr2
第1番札所 霊山寺のご納経です。
地蔵寺のスタンプデザインとは違います。

1150yr4
第63番札所 吉祥寺のご納経です。
同じ年(大正12年)に2回、巡拝しています。

1150yr5
第76番札所 金倉寺のご納経です。
梵鐘のデザインがかわいいです。



すべての霊場に記念スタンプが押印されているわけではない所も興味深いです。
そして納経帳の大半の札所が墨書きでなく「木版」であることも興味深いです。
最近では4番札所が木版の納経を最後までしてくださいました。

木版の納経を「なんだ!ハンコなんて手抜きだ!」という人も居ますが、それは違います。



霊場開創1200年記念事業に際して、巡拝者に対して記念スタンプの押印が検討されています。
ぜひ各札所は独自のデザインで記念に残るご納経をしていただきたいと思います。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/93-ccf11d09