第45番札所 岩屋寺のあて紙について

遍路経験者の方は急勾配のお山を登り、汗をかきながら本堂や大師堂にお参りされた事と思います。納経所前にある湧き水は渇いた喉を潤してくれます。
このお寺では納経の際にお寺特製の「あて紙」を納経帳に挟んでくださいます。そのあて紙にはありがたいお言葉が記されています。
ここでは、そのありがたいお言葉を紹介したいと思います。
(転載禁止との記述がないので皆さんに紹介します)



お参りご苦労さまです。

生きることはやさしさの表現でありたい。
~あなたの中のやさしさを見つめてみませんか~

○あなたにとって何が一番大事ですか?
○生命あってこそ生きられるのです。
○あなたが自分の生命を大切に思うように、他人もそれぞれ自分の生命を大切に思っています。
○他人の思いを思ってみることは、人として生きてゆく大切な条件だと思います。
○慈悲、心に薫じて、互いに一子の如し(源信1017寂)
苦しみを取り除き安楽を与えようとする慈悲の心は一人子に向かう親のようである。
○他人にやさしさを示すには、強さとゆとりが必要です。

平成13年1月 海岸山 岩屋寺


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/7-f7cbd7b4