FC2ブログ
前回のつづきです。

16番札所松尾寺で開かれた新四国曼荼羅霊場主催のまんだら大祭2019では午後から最後の行事となる柴燈護摩供と火渡り行事が行われました。

まんだら大祭19

たくさんの参拝者が護摩に参加されました。



22まんだら大祭

護摩は讃岐部会が岡山筋の行者さんを呼ばれたようです。
わたしが普段見ている作法とは少し違っていたので興味深かったです。


20まんだら大祭

行者の火渡りではこれまた火の勢いが強い中をご修行されていました。
なかなか迫力があったと思います。

ただし参拝者が渡る際は、火はほとんど消されて渡りやすい火渡りでした。






まんだら大祭2

盛りだくさんのまんだら大祭2019でした。
また参加させていただきたいと思います。



今回でまんだら大祭2019の備忘録は終了します。
わたしのブログの閲覧履歴を見る限り、やはり曼荼羅霊場の記事よりも本四国霊場の記事の方がたくさんの人が見に来られます。わたしは実際に回ってみて曼荼羅霊場も捨てたものではない霊場だと感じています。特にお寺さん(住職ないし副住職)との距離感が近いことが分かります。ブログをご覧の皆さんも一度、騙されたと思って曼荼羅霊場を巡拝してみてください。

ただしお寺さんには「自分から話しかけて」ください。
そのきっかけさえあれば、お寺さんはまるでマシンガンのように話しに応じてくださいます(笑)

皆さんが曼荼羅霊場を巡拝する中で留守のお寺もあるでしょう。
本四国霊場のように納経所に常時、人はいませんので「それはご修行である」と捉えてみてください。



(写真提供:山本知司先達)










ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/574-ba978aa4