FC2ブログ
新四国曼荼羅霊場開創30周年記念徒歩練行の行程は順調に進んでいます。
現在は愛媛県南予地方を行脚中!

今回は52番札所 曹洞宗永照寺に立ち寄ったブログです。

!cid_B86951C5-38F6-4802-B939-D3E813766885.jpg

地元では永照寺のことを、ばら大師と呼ばれています。
田園地帯の中に忽然と姿を現すばら大師です。

この地方は今の時期は霧が深い日も多く、霧の中のばら大師は幻想的な雰囲気でした。



!cid_F0F5CF4E-BB3C-4BD9-9B63-08891ED96A7F.jpg

なぜ「ばら大師」なのか?は、とりあえず置いといて、本来の目的である本堂でのご法楽です。
この日はご住職が留守でしたが、代わりに総代さん、お先達さんがわたし達をお迎えしてくださりました。



!cid_67706E15-7963-4824-BF87-76B4E11D589C.jpg

本堂に入って、納経軸を広げる作業も慣れてきたので早くセッティングができるようになりました。
わたしの拙い法螺貝を合図に読経が始まります。

そもそも曹洞宗では法螺貝は吹かないので真言の読経風景は珍しかったのではないでしょうか。



!cid_A8FC34E6-BF2A-4064-A5A0-FCA8E04F71F8.jpg

総代さんたちもわたし達のご法楽に聞き入り、このひと時を一緒に過ごせたことは良かったと思います。
このお寺の総代さん、お先達さんがお迎えしていただけてとても感動しました。
せっかく30周年記念事業だというのに、お寺によっては誰もお迎えがないのは寂しい限りです。


!cid_5CAD3801-618E-4A82-8317-BE7548E898AB.jpg

このお寺が、ばら大師と呼ばれる所以の札書きを発見!
(曹洞宗なのにお大師さんとご縁があるなんで素晴らしい)



!cid_494C1B1A-E22A-4F4C-ADCE-32AE82CBE72F.jpg

ばらの中にたたずむお大師さまにご挨拶です。




!cid_1E154A3A-7D71-4C1D-8382-6956DC797929.jpg

総代さんとお先達さんにお別れをして、
わたし達徒歩練行の一行は、次の札所に向けて歩きだしました。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/535-556de477