FC2ブログ
四国霊場64番札所前神寺。

この日は先達さんばかりを伴いお遍路です。
わたしは先達さんの勉強になればと考えて、お寺の住職にお願いして本堂や大師堂に入堂、お経をご一緒させていただいています。それは先達さんのよい経験になればと思うからです。

今回は前神寺です。

!cid_3A3567B9-7C09-4B47-84D8-85D01C14A4FB.jpg

前神寺本堂。
向かって正面にご本尊の阿弥陀如来(秘仏)。

本堂内陣の右手には「籠」が見えます。
この籠は江戸時代に前神寺住職が実際に使用していたものです。
ボロボロだった籠は2年前に修復され、代々使用されていた籠に現住職も何かの折に乗られるでしょう。
ちなみに63番札所吉祥寺にも江戸時代の籠(旧小松藩のお姫様のもの)が伝えられています。


!cid_4C2F2EED-EB39-4EA2-B434-21E8E806B7D6.jpg

内陣左側(太鼓の奥)には唐櫃が3基あります。
これは石鎚蔵王大権現がお入りになるお櫃であり、石鎚山の山開き(毎年06/30)に際して権現様が奥殿から出されて唐櫃の中にお入りになり、石鎚山・前神寺奥の院に向かわれます。山開き最終日(毎年07/11)には石鎚山から前神寺にお戻りになり、奥殿に納められるわけです。なお本堂の奥側に奥殿はありますので、本堂を横から見ると建物の造りが確認できます。

お寺ごとに違う造りの本堂を横から見るのも面白くて勉強になると思います。
そして不明な点があれば、先達さんやお寺さんに聞いてみるのも面白いと思います!







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/522-b6751bba