FC2ブログ
高縄山の山頂近くにある高縄寺はかつて修験が盛んに行われたお山であり石鎚山に次ぐ修験の道場でした。今では往時の勢いはありませんが、現住職はかつての様子を少しでも取り戻そうと日々尽力されています。そんな中で毎年実施されているのが8月9日に行われる柴燈護摩法要です。

高縄山6

普段は静まり返っている境内はお参りの人で賑わっていました。


高縄山7

法要が始まると境内に散らばっていた人たちが集まります。
しかしほかの現場とは違って皆さんは至って平和的な方ばかりです。
四方に放たれた矢の奪い合いなどはありません。


高縄山1
(写真提供:江草克昌氏)

今年の行者数は合計6人であり、普段の半分くらいでしたが山寺の護摩ではこれくらいが丁度よいのかも知れません。ただ法螺貝を立てる行者が3人しかいないのはやはり寂しいかな・・・



高縄山8

四国霊場47番八坂寺のように護摩焚きの広い場所があれば大きな火をあげる事もできますが、法要の場所が限られる山寺では火の粉が飛び散る危険を考えなければなりません。


高縄山2
(写真提供:江草克昌氏)

いつも思うのは導師さまの所作によって火の勢いが変わること(どこの現場でも)。
これぞ法力というものでしょうか。


高縄山5

信者さんの火渡りにはこれを事前に購入して渡ることになります。
(護摩木の奉納とは別)


高縄山3
高縄山4
(写真提供:江草克昌氏)

子どもが渡る時はご住職が一緒に渡ってくださいます。


高縄山9

法要が終わると結界にある飾り物をいただいて帰ることができます。
わたしは四隅にあったお札(東方)をいただいて帰りました。
ここでも奪い合いなどなく、平和にお参りの人はそれぞれの飾りを持ち帰りました。


高縄寺の柴燈護摩法要に参加すると、4万6千日分の参拝に相当するご利益を得られるとの事。
ご本尊は珍しい十一面千手観音で間近で見られるたいへんありがたいご縁日です。
ご縁日は毎年8月9日です
ブログをご覧の皆さんも機会があればぜひお参りなさってください。



今年の法要は法螺貝部隊が3人で寂しいとの事で、ご住職から来年の法螺貝部隊のひとりとして法要に参加すべく、今から法螺貝の練習をするように言われましたが、諸事問題が山積みの中で果たしてどうなることやら。。。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/519-0c8fd541