FC2ブログ
四国霊場第64番札所前神寺。
山号は「石鈇山」と言います。普通は「石鎚山」と書きますが、ここ前神寺は「鈇」と書きます。
パソコンで表記する場合は「フ」で検索すると「鈇」が出て来ます。
意味は尖っている、ギザギザしているという意味です。

この字が最初に古文書に出てくるのは1842年に編纂された「西條誌」に戦国武将の福島正則が石鈇山と書かれた額を奉納したとの記述があり、それ以前よりこの山号が一帯の地域で使われていたと推測されます。今では石鎚山となっていますが、昔は石鈇山と呼ぶのが一般的だったのかも知れません。

さて今回はその前神寺で実施された柴燈護摩を紹介します。
前神寺は明治の廃仏毀釈で一時的に廃寺になりますが、元々の場所は今ある石鎚神社がそうでした。
今でも石鎚神社には、前神寺の面影を各所にみる事ができます。

話は戻りますが、石鎚信仰の根本道場である前神寺の柴燈護摩は一般的な柴燈護摩供とは違います。
結界作法、斧、奉剣、奉弓などはなくシンプルそのものです。
もちろん護摩の後の火渡りもありません。


!cid_6B109878-4905-4D6D-845F-DFC46D47EBAB.jpg


お寺では代々、護摩供の中で結界作法がないのは、そもそもお寺全体が結界であると解釈することによります。
斧、奉剣などがないのも古くから行者に伝わっているためです。


!cid_61FE8B79-8C49-4F37-BA6E-57D3E895CE87.jpg

護摩のクライマックスは、護摩の周囲を3回、空櫃が回るところです。
この空櫃は夏山の時期に山から下りてきた(お下りさん)三体の権現様(石鈇蔵王大権現)が入っていたものですが、護摩ではその中に信者あら預かったお札が入っているそうです。



!cid_4908C523-F4D6-4E46-979A-27805048C4DB.jpg


時計回りに3回だけ護摩の周囲を回ります。
また三体の権現様は形、大きさ、持ち物、手の形がそれぞれ違います。
護摩が終わると祭壇にお祀りされていた権現様が本堂前に降りて来ます。



!cid_4809204A-62C1-405F-BA14-E0A5DE026538.jpg

本堂前に集まった信者の背中に三体の権現様を一人ずつ行者が押し付けていきます。
このご縁があるからこそ、火渡りをしない理由なのです。


!cid_9D6E0C9A-78C1-4CD0-8E8E-5BE20EA952A1.jpg

信者の列は最低でも300人は下りません。
その間、不動明王のご真言がずっと唱えられています。

わたしも体験しましたが、三体のご神体が自分の背中に押し付けられる時に熱いなにかを感じる事ができました。
そして最後にご住職、行者さんから今年のお下りさん(7月11日)に参列するように言われて帰路につきました。








ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/495-a1c6384d