FC2ブログ
12月5日~6日にかけて善通寺で実施された公認先達研修会。
中でも12月5日の新任先達研修会では、新任先達に対して「先達教典」が配布されます。

!cid_CB107856-55FE-484F-854A-FB49CEFF8077.jpg


先達教典には、先達制度と任務、沿革、勤行次第、四国遍路の歴史など先達に必要な基本的知識がぎっしり詰まっています。その中で先達の総数にも触れられていますので今回のブログはそこに注目します。



今年の新任先達に配られた先達教典は平成27年12月に発行されたものです。
この教典の中の現在の先達の総数を見ると、

先達の総数 15,363名
現在の先達数 9,085名
50回以上巡拝の先達 370名

と記載されていますが、わたしが今年(平成29年2月)に霊場会で聞いた総数は以下です。

先達の総数 16,041名
現在の先達数 9,290名
50回以上巡拝の先達 377名

先達  4,899名
権中先達 1,486名
中先達 1,204名
権大先達 725名
大先達 926名

先達の総数と現在の先達数の違いは、亡くなられた先達も総数としてカウントしているからです。
先達の総数から現在の先達数を差し引けば亡くなられた先達数がでてきます。
そもそも先達の平均年齢は約68歳ですから自然な流れだと思います。

以上のように、2年前のデータと今年のデータを見比べてもなかなか興味深いものがあります。



ちなみに初版の先達教典(平成18年)のデータは以下の通りです。

先達の総数 11,546名
現在の先達数 8,381名
50回以上巡拝の先達 267名

先達 4,370名
権中先達 1,457名
中先達 963名
権大先達 645名
大先達 902名

約10年前に比べると50回以上巡拝している先達が約100名増えていることが分かります。
ただし単に巡拝数を多く回ることだけが評価される訳ではありませんので最後に記しておきます。



わたしが先達になった時は「先達必携」という教本が全先達に配布されました。
ちなみに先達必携の初版は昭和42年11月発行です。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/487-dc778d5c