FC2ブログ
12月の第一週目の平日は毎年ながら四国霊場会公認先達の新任式と昇補式が善通寺であります。
今回は12月5日に開催された新任先達研修会に行って来ました。

わたしの先達申請寺(54番延命寺)から、今年はわたしの紹介で二人の先達が誕生。
二人とも、志が高いのでわたしがお寺に紹介させていただきました。

本来は寺院住職が善通寺で行われる研修会に参加するはずでしたが、前週にご住職から体調が良くないので「わたしに代わってお祝いに行って欲しい」と依頼されての訪問。かと言っても寺院ではないので、研修会が終わるまで「外で待機」の巻(笑)


!cid_A8C11BCD-0D65-4DE8-9B96-D990944816AC.jpg

お祝いに行って「手ぶら」で二人を迎える訳にもいかず、会場外でサンエイさん(77番札所前の遍路用品店)がブースを出展していたので、そこで錫杖袋を買う事にしました。しかしお昼の休憩前に行かないと良い商品が残っていないと思い、午前中に一度善通寺に行ってみると予想通り、たくさんの商品があり一品ものの錫杖袋をゲットできました。

そして研修会が終わる15時ごろまでは、待つ時間がもったいないので他の寺院にお参り。



!cid_AB16329D-9615-44AA-B50E-3CB221F5F77C.jpg


15時すぎに研修会が終了。
続々と新任先達さんが会場から出て来ます。

入り口では、関西先達会と東日本先達会の幹部が新任先達を拍手で送り出します。

二人を見つけて、お祝いの品を渡し、さらに寺院さんが会場から出て来たタイミングで片っ端から住職(副住職)に声掛けして新任先達と記念撮影を無理やりさせます(笑)



これはなぜか?と言うと、
自分が新任先達の際は何も無かったし、右も左も分からなかった。
覚えているのは、関西先達会の幹部の拍手の送り出しと「初心を大切にしよう」と感じたことだけでした。

当時のわたしと同じでは芸がないと思い、二人には思い出に残る何かを残してやりたかった。
研修会当日に感じた思いを大事にしていただくこと、寺院と記念撮影ができたことは一生の思い出となるでしょう。



さて、すでに来年に向けて先達を目指すお遍路さんはすでに行動を起こされています。
わたしの所にはお一人のお遍路さんが「来年の新任」をめざし、すでに4周の結願を終了。
先達になる「志」も高いと判断しており、延命寺からの推薦を住職に申請しています。

わたしの考えは、ただ数を回れば良いと思われるお遍路さんは考え方が違うので先達の紹介はしません。
先達になって、何がしたいか?が重要だと考えています。
また階級が上がると偉そうにされる先達さんがいらっしゃいますが、それも違うと思います。
どんな階級でも謙虚さが大事だし、つねに向上心を持つ人こそ先達に相応しい。
それを理解できる方こそ、新任先達を紹介できると考えています。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/486-6a5d7197