四国別格霊場第7番札所出石寺。
今年で開山1300年を記念してご本尊のご開帳がありました。

!cid_313534EF-84CF-4573-B342-D23DA573CB59.jpg

50年ぶりのご開帳とありますが、毎年お正月にはご本尊のご開帳があります。
ではどこが50年ぶりなのでしょうか?


!cid_C4C1E3EF-8619-4BC9-9115-83724767C705.jpg

山門に向かう参道には開山1300年ののぼり旗が風になびいています。
ご開帳は、本年10月8日~17日までの10日間でした。



!cid_9EBEFA16-F803-428A-843E-D0502CCCDF71.jpg

境内にはマルシェもあり普段とは違う装い。
わたしが行った平日でもたくさんの参拝者がいましたが、白衣(遍路装束)を着た人はまばらでした。


!cid_2294B96F-844F-4528-859B-2AF47A6DB95B.jpg

本堂。
ご本尊は十一面観音。

先ほども触れましたが、ご本尊のご開帳は毎年お正月にあります。
そのご本尊が祀られている足元に石棺があります。その石棺の蓋を開けたのが50年ぶりとの事。

石棺の内部はなにも無いようです。
昔にはなにかあったのかも知れません(=開山期のご本尊?)が、係りの人に聞くと心眼でなにか見えるそうです。
そもそも内陣は薄暗くて石棺までの距離も遠く、中まで見える雰囲気でなく、石の蓋がずらされているだけのことです。そこは信仰の世界なのでそれを見た参拝者がどう感じるか?ではないでしょうか。

ご本尊の胎内にも石棺の中からなにかを出して埋められている(=開山期のご本尊?)ような説明でしたが、聞いていてもよく分かりませんでした。機会があればご住職にいろいろお聞きしてみたいと思っています。

出石寺縁起
(クリックできます)

出石寺縁起と関連付ければ、係りの人が言ったこととの対比ができそうです。
説明板があれば聞き違いなどがないように思いました。


本堂を出る際に、記念に散華をいただくことができました。
特に拝観料などなく、散華をいただいたお礼にお賽銭を置いて帰るシステムでした。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/483-d2221dd3