納め札。
自分が確かにお寺にお参りしたという証しを残していくためのお札。

四国88ヶ所公認先達の全員が持っている「先達教典」には、「納め札の歴史は古く室町時代に遡る」とあります。さて現代のお遍路さんは市販の紙製の納め札を仏具店などであらかじめ購入し、それに自分の住所や願意を記入して、お寺に設置している「納め札入れ」に入れて帰るのが一般的です。

箱の中を見ると、巡拝回数によって色分けされたお札がたくさん入っています。
ほとんどが白のお札ですが、中には銀色や金色、錦のお札が入っていることもあります。
ちなみに色別納め札の慣習がいつごろの起源なのか?は先達教典には記述がありません。



最近、札所で問題となっているのが、錦札や金札の持ち帰りについてです。
厳密に言えば、巡拝者が箱の中に入れた段階でそのお札の所有権と占有権はお寺に属します。
(お寺の許可なく、勝手に持ち帰ることは許されません)

ただし、地域によっては「徳をいただく」という意味において持ち帰っても良いとされるところもあります。
わたしは目くじら立てて、すべての行為をダメだとは思いませんが、納め札箱の中を引っ掻き回して色つきのお札を持ち帰る見苦しい行為は止めるべきだと思うし、また持ち帰ったお札をほかの人に売り付けるなんて言語道断だと思います。


!cid_F425E8EC-2952-444E-9252-9BC62263E4A0.jpg

この箱は54番札所延命寺にある納め札入れです。
最近になってこのような書き物が貼られるようになりました。

この手の張り紙は、41番龍光寺が以前から貼ってありますね!



!cid_D54ADAE3-7333-406A-AB0E-4AFCBADA5493.jpg

最近のお堂には賽銭泥棒を防ぐ意味で防犯カメラを設置しているお寺が増えて来ました。
納め札を持ち帰る人はお寺からすればきっちり見られているという事です。

要するに
色つきのお札を欲しい場合は、持っている人から直接に手渡しでいただくことが無難です。
色つきの巡拝者とその場でタイミングよく出会えば良いが、そうでない場合はこれもご縁。



タイミングよく会えない人のために、下記の写真を用意しました。

!cid_41CF7006-36B5-4F15-8661-CF4BE3C38F4C.jpg

霊場会公認の先達は、先達専用の輪袈裟を必ず着用しています。
その輪袈裟に、写真のようなバッジを付けている人は(上:銀札使用者、下:金札使用者)色つきの納め札を持っています。これらのバッジを見かけたら、思い切って「お持ちのお札を分けていただけませんか?」と言ってみてください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/466-203b1eca