平成29年度の四国八十八ヶ所霊場会公認先達申請について、
制度の見直しが実施されましたので、新しく先達を目指す方は参考にしてください。


!cid_7C532D60-4FFB-4F5A-B06F-A3D63130CC5A.jpg

1)先達申請者受付締切り
新しく先達を目指す方は、お寺に先達希望の旨を伝えます。
例年、お寺の締切は7月末に設定され、それまでに手続きが必要になります。
各寺院は8月末までにお寺の推薦者をまとめてそれぞれ所属の部会(徳島=阿波部会、高知=土佐部会など)に提出します。

2)推薦者の枠
新任先達=30人。
毎年、最大で30名(1ヶ寺あたり)の新任先達の推薦ができます。
(昔は最大で20名だったと記憶しております)
昇補先達=制限なし。
先達→権中先達への昇補に関しては制限枠はありません。

3)今年度より追加事項
「四国4県に在住する人の申請は、本人の居住する県内の霊場寺院に限る」という制限がなくなり、申請者の希望する寺院で申請ができるようになった。
四国以外に居住する人は、どの県(四国4県)の寺院からでも先達申請が可能でしたが、今回はそれに倣ったという事です。


参考~
先達内定通知(10月中旬ごろ)
先達研修会(新任:12月5日、昇補:12月6日)




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/457-e9d54839