四国八十八ヶ所霊場第73番札所出釈迦寺。
「捨身ヶ嶽」縁起が残る霊蹟霊場のひとつとされます。

現在の境内は我拝師山の麓に降りて来ていますが、そこから眺める景色もすばらしく讃岐平野を一望できます。

!cid_DEA9A377-C15D-477F-B0BF-CE5449116D76.jpg


さて今回はお寺の悲願であった鐘楼堂が完成し、その落慶法要に招待されて参加して来ました。
元々、出釈迦寺ではお寺の山門と兼ねた鐘楼門が建ち、そこから鐘の音が境内に鳴り響いていましたが、老朽化(耐震不足)が目立つことから現在の山門となって約10年になります。その間は境内に鐘の音が鳴り響くことはありませんでした。

昔の鐘楼門の写真はこちら↓↓↓
出釈迦寺鐘楼門マイブログ
(クリックできます)


73番

新しい鐘楼堂は、奥の院礼拝所(本堂左手の階段を上がった所)の傍にあります。
法要では全国から寄進者が集まり、盛大に執り行われました。




!cid_4151188C-795A-4C1C-8043-A0CCB24FC4AA.jpg

導師の副住職を先頭に住職らが続きます。
なんと家田荘子さんも役僧として法要に参加されていました。
家田さんはご縁があり、出釈迦寺から先達になられた方です。



!cid_4154B42F-8A3D-4962-B525-BCB962BDCF6F.jpg

鐘楼堂から記念散華が僧侶によって撒かれました。
式次第には「散華」とだけ書いてあり、どうなるのか分かりづらい面もありました。
写真は事前に散華が撒かれる場所を知っていた人だけが鐘楼堂前に集まっていたという写真です。
ただ式に参列し、受付を済ませた人には返礼品の中に1枚ずつ撒かれた散華が入っていました。



!cid_C654CC7D-71D1-41CE-A4E9-0CC834AA4CE3.jpg

散華は普通のサイズよりも大きいものでした。
(左端の散華は霊場会の記念散華→この記念散華も5月末で終了します)



!cid_1DF7548B-2BBF-4EC4-AA82-F62F52A2FE07.jpg

ところで鐘楼堂の屋根に見える5体の可愛いねずみ。
これは副住職の干支にちなんでいるとのこと。
激しい風雨や日照りから副住職がお堂全体をお守りするという意志だそうです。



記憶に残る法要に参加させていただいて良かったです。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/455-d66159cd