四国霊場47番札所八坂寺大祭(柴燈護摩供)のつづきです。
この日は晴天でしたが風が強く、護摩の火柱も風向きによってバラバラでした。
八坂寺の護摩供は火を大きく焚くので、見ていて壮観だと思います。

!cid_52F1CDFB-556B-4FAF-993B-39641CE96D09.jpg

護摩壇の周辺に建物がない分、大きく焚けるのです。
その昔、ここは駐車場だけでしたが、お不動さんの行場と変わりました。

火渡りの開始です。
まずは行者の火渡りです。


!cid_28FCFA57-C84A-46C2-809D-8E9BB081159F.jpg

最初は八坂住職が火の勢いが強い中を歩きます。
(正確に言えば、走って渡っていました)



!cid_79431572-F496-4FBA-9B23-5931768A3F0F.jpg

年々、参拝者が増えているので、行者さんのテンションも上がります。


!cid_FFC32910-BD2C-4FAC-8482-C3243DE91240.jpg

投入する木の量が多いと火の勢いも増すために見物人は不安そうに見守ります。
途中に木を投入するものだから、若い行者さんは可哀想に見えますがこれも修行。



!cid_7BBFEA39-F4BC-40E0-9EC5-E376EB817B19.jpg

火渡りも「派」によって違い、擦りながら歩くところと踏みながら歩くところがあります。
火の勢いが強くて今回は走り抜けるような感じに見えました。



いよいよ一般の火渡りが始まります。
一般の場合は火はほとんど見えませんが、ゆっくり歩けばやけどをする可能性もあります。


!cid_3DB7651A-4364-47AC-B309-A709588DCBFC.jpg


写真をご覧のように煙は上がっているので完全に鎮火はしていません。
最初の方に歩く方は、まだまだ道は熱いと思います。
(中学生以上は500円です)


!cid_2547DD94-687C-4593-9BB8-D861E1C4BB7A.jpg

八坂寺特製のお守りを持って入檀します。



!cid_54BF356E-97C3-45BC-B07D-A988CE1EBF21.jpg

不動明王のご真言が響く中、ゆっくりと踏みしめながら渡ります。
渡った後は、正面に立ついやさか不動に感謝を祈願します。




なお八坂寺は、結界を出た後にひしゃくの水が用意されていることと、タオルが用意されているので足が汚れることのない配慮がされている点が評価できます。

来年もぜひ晴天の下で火渡りをしたいものです。
関係者の皆さま、お疲れ様でした。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/454-11ce0446