四国霊場第79番札所天皇寺。
ご本尊十一面観音ご開帳の最終日に開かれた法会の続きです。

参加者全員が指定の席に座ると熱気が客殿に広がります。
しかし皆が心地よい緊張感に包まれている時に法会は始まりました。

天皇寺3

最初に住職が出て来られて、式次第の説明がありました。
これだけの人数だと住職の声は隅々まで届きませんが、聞こえている皆さんの行動に合わせていくだけです。


天皇寺5

大法会の始まりです。
皆の視界にはご本尊があります。
そこに住職の読経が始まります。すごく心地よい読経でしたよ!


天皇寺6

全600巻の「大般若経」を空中でばらばらと広げるダイナミックな法要「大般若経転読」が営まれました。
住職はその間もお一人で読経を続けていらっしゃいます。

ちなみに僧侶が大般若経を空中で広げる際に発生する風を浴びると縁起が良いと言われています。

天皇寺9

法会が無事に終了。
参加してくださった八十八寺院の皆さんのご紹介風景です。



天皇寺10

そして今回特別にいただけたご朱印。
幻の寺号である「崇徳天皇寺」のご朱印です。


すばらしい法会に感謝でした。


また天皇寺では、
2017年3月14日から約1年にわたり、寺宝の「阿弥陀如来」のご開帳を1年間実施します。
廃仏毀釈の折にお体が破損してしまったお姿そのままの状態で見る事ができます。

かつて崇徳天皇の守護仏だった阿弥陀如来像をぜひこの機会にご覧いただきたいと思います。
詳細情報は後日、このブログで案内しますのでお楽しみに!



ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/447-e0574655