四国霊場第79番札所天皇寺。
平成28年2月17日より平成29年2月17日の間、本尊の十一面観音を本堂から客殿に移動せられご開帳を実施していましたが、ご開帳の最終日に大般若法会を実施し、閉幕となりました。

天皇寺8

朱塗りの三輪鳥居は全国的に珍しい鳥居です。
写真には写っていませんが鳥居の左側には「下乗石」があり格式高いお宮およびお寺だったことが窺えます。


天皇寺7

閉幕を迎えた日の本堂には垂幕が掛かっていました。


天皇寺4

行列には先達など100名が参加して、正面から客殿に入ります。
客殿の入り口には僧侶が吹く法螺貝が鳴り響いていました。
法螺貝を吹くメンバーも名手ばかりであり、こちらが恐縮してしまいました。



天皇寺1

客殿には自分が座る席にあらかじめ番号が付けられ、菩薩の名前が貼ってありました。
住職曰く、菩薩さまとのご縁を大切に、との事でした。



天皇寺2

わたしの座る座布団には、般若波羅密多菩薩とあり、この菩薩様とのご縁を頂戴しました。
要するに曼荼羅の世界に例えたものだったわけです。

ご本尊の十一面観音さまも、この日がMAXの状態で迎えられていらっしゃるとの事。
今から法会が始まります。

もちろん座布団に座る全席が満席であり、天皇寺から用意された特別の輪袈裟を見に付けての法会です。



次回は法会の様子と特別に允可された記念納経「崇徳天皇寺」のご紹介です。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/446-a406489a