四国霊場58番札所仙遊寺に残る伝説をご存じでしょうか?
「犬塚池の伝説」を言います。

犬塚池は文化4年(1807年)に完成したため池で、仙遊寺と57番栄福寺の中間地点に位置する池です。
そのため池に伝説が残っています。

犬塚1

仙遊寺の車回転場所から見える犬塚池は他のため池よりも群を抜いて大きいのでひと目でわかります。池そのものの形もどことなく「犬」に似ている所が面白いと言えます。写真は池の畔から撮影したものです。


さて、犬塚伝説ですがよい説明書きを発見したので、貼り付けておきますのでご覧ください。
犬塚池伝説
(クリックできます)

犬塚2

犬塚池は大規模のため池であるところから、池の堤防(約10m)がかなり大きく作られています。
その堤防下にあるのが、写真の犬塚になります。

犬塚3

今では、地元の方のお散歩コースになっていました。
地元の方曰く、右側のお地蔵様が犬のお墓だそうです。



犬塚4

犬塚樋。
ここから池の水が排水されるわけです。立派な樋口でした。



犬塚5

堤防はかなりの急こう配ですが、階段状に整備されているので、池畔に出る事ができます。
ただし堤防はかなりの老朽化が進んでいて、そろそろ堤防の改修をする時期に来ている(58番副住職)との事でした。



場所は、仙遊寺から栄福寺に向かう途中(右手側)に大きな堤防が見えて来たらそれが犬塚池です。地図には「碑」の位置を落とし込みましたので、時間に余裕のある方は探してみてくださいね。

犬塚6







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/440-43c5bea7