四国霊場第45番札所岩屋寺。
岩屋寺の山号は「海岸山」と言います。

では、山奥にある岩屋寺の山号がなぜ「海岸山」というのでしょうか?
ある先達さんは、太古の昔はこの辺りも海の中であったために海岸山となった、、、と一般のお遍路さんに説明する方もいますがそれは違います。

!cid_30311ABE-E9A3-4D21-91ED-7746DA870CED.jpg

ヒントは、弘法大師が詠んだとされる歌(ご詠歌ではない)に隠されています。
「山高き 谷の朝霧 海に似て 松吹く風を波にたとえむ」

岩屋寺の奥の院「白山大権現」は時宗の開祖・一遍上人が修行された場所でもあります。
その山頂の様子を描写したこの歌に因んで「海岸山」と定められた、と大西隆善副住職。



!cid_93046CB0-C897-49F6-95EE-8D376486DC53.jpg


次に、岩屋寺には院号がありません。
ほかのお寺には院号がありますが、それがないのは11番藤井寺、岩屋寺、68番神恵院、69番観音寺だけです。

岩屋寺は元々44番大宝寺の奥の院だったことから、どうしても付けなさい!と言われた場合は「奥の院」となる、とは前出の大西副住職のお話しでした。11番、68番、69番に院号がないのが気になるので、またお寺で尋ねてみることにします。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/436-b7307a9c