5月15日。
四国霊場第54番札所延命寺において本堂落慶法要ならびにご本尊のご開帳がありました。
午前10時 ご本尊(不動明王)開扉作法
同10時半 落慶法要
同11時半 記念式典

enmeiji5.jpg

延命寺はわたしの日課である早朝ウォーキングの折り返し地点であり、日ごろから勝手知ったる場所。
朝6時45分には納経所が開けられるお寺であり、係りの人とも顔見知りです(笑)


enmeiji4.jpg

普段はお遍路さんくらいしか境内にいないひっそり感がありますが、この日は朝から人、人、人でした。
午後に遠方から来る先達さんを迎えるために様子伺いでひと足早く境内を散策。
少し驚いたのは、本堂の中まで入って目の前でご本尊と対面できることでした。ほかのお寺はお堂の外側から拝観することが多くあり、無料で拝観できる有難いシステムでした。



enmeiji1.jpg

ご本尊の厨子を開ける前の本堂内部です。
(写真提供:献珠院住職)



enmeiji6.jpg

右側の通路(外側)から見た本堂内。
撮影禁止なのでこれ以上はカメラの電源を落としました。
ちょうど「撮影禁止」の張り紙の向こう側に厨子扉を開けた本尊(お不動さま)が鎮座されていました。

厨子のすぐ近くまで行く事ができ、じっくりとご本尊と対面しました。
宝冠をかぶった珍しい不動明王でしたが、目は玉眼でした。ちなみにこの仏像は行基作と伝わります。
一般的に玉眼は平安後期の仏像から見られるものですが、それはそれとして有難いご縁に感謝でした。

しっかり目に焼き付けたかったので、3回ほど列に並んでご本尊との時間をいただけました。
約24年ぶりのためにご本尊の保存状態はすごく良かったです。



enmeiji3.jpg

午後2時 地元獅子舞保存会による獅子舞ならびに継ぎ獅子の披露
同2時半 祝賀もち投げ

2時くらいにお疲れになったご住職に境内で会う事ができましたが、満足感でいっぱいのお顔をされていました。
お昼以降はたくさんの先達さんとも会う事ができて、充実した落慶法要でした。

次は来年2月中旬まで実施している79番札所天皇寺ご本尊のご開帳で再会することを誓い、我々グループは散会となりました。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/419-395a4fde