明日から3日間、えひめ大島島四国八十八ヶ所のご縁日が開催されるに当たり、大島の魅力を皆さんに知ってもらうためのプレイベント「大島ファン倶楽部」が3月27日にあり、行って来ました。

大島の魅力は島四国だけじゃない!



島四国八十八ヶ所第38番札所仏浄庵

イベントの最初は、島四国でいちばん眺望がよい38番札所まで歩き遍路。

前札所の39番から逆打ちする形で、30分ほど歩くと視界が広がり始めて背後にしまなみ海道(来島海峡大橋)が見えてきます。


DSCF8799.jpg


この日はご縁日ではありませんが、普通の日でもお遍路さんがお参りをしていました。

見たところ60代以上のご夫婦に見えましたが、ゆっくりゆっくり時間をかけての参拝。


DSCF8804.jpg


岬の突端にある38番札所は、本四国霊場38番の金剛福寺とおなじ立地条件です。

ご本尊は千手観音でした(本四国は三面千手観音)。

晴れた日の景色は絶景なり!




大島石の丁場見学(石文化体験)

38番を後にした一行は、33番札所高龍寺に移動。

ここで「大島ファン倶楽部」の発会式&昼食のお接待です。

焼きそば、たこ飯など地元の食材を使った食事と水軍太鼓のお接待を受けました。


その後、大島石で有名な石切り場の見学です。

休日の見学でしたが、平日はたくさんの職人さんが実際に石を切り出しているそうです。


DSCF8816.jpg



DSCF8811.jpg


上から眺める景色は圧巻。

最深部はここから約250メートルの深さまで達しているとか。

まさに大島グランドキャニオンといったところです。



宮窪・能島急流体験

丁場から出た一行は、バス2台に分乗して1台は来島急流体験、もう1台は能島急流体験です。

来島急流体験は過去に乗ったことがあったので、今回は能島の見学を選びました。


DSCF8828.jpg


船折瀬戸といわれる場所。

読んで字の如く、船が折れるほどの急流が押し寄せる海の難所。

ここに村上水軍はお城を築き、勢力を誇示していたのです。

一番早い時は時速10ノット(約25km)で潮が流れるとか。


DSCF8866.jpg


能島急流体験は、約1時間でひとり1000円。

来島急流体験は、約1時間でひとり1500円です。


これらの写真をご覧になってわかるように、大島には島四国以外にも見どころがあります。これらはすべて遍路道のコース上にありますので、お遍路だけでなく、観光を楽しみながらお参りしたいものです。ちなみにわたしは本来なら2泊3日で結願できる霊場を4年かけても結願できていないというスローライフな遍路旅を実行中です。


明日からどんな楽しい島四国が待っているのでしょうか。

地元の方々との会話も楽しみだし、善根宿に泊まるのも楽しみです!






ランキングに参加中です。

記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

 にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ


にほんブログ村 ご協力ありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/411-be6f01e8