今治市伯方島。
しまなみ海道の途中にある島は今治から車で20分ほどの距離にあります。

58番仙遊寺の柴燈護摩で久しぶりにお会いしたアマチュアカメラマンのFさんといろいろ話していたら、
「伯方島で大橋越しに見える夕日がきれいで、ダルマになる事がある」と聞いたので、天気のよい日の夕方に行ってみることにしました。しかし平日に行くと高速料金が片道2300円必要とわかり、週末の半額期&天気のよい日という制限された中での訪問です。

伯方(はかた)島初心者のわたしは撮影場所がわからないので、Fさんと話していると地元の自動車店の社長さんを訪ねると、いろいろ教えてくれると言う情報をGET。とりあえずその自動車店を訪ねてみることにしました。
その社長さん、毎日夕日を撮りに行っているようで、事務所には夕日の写真がたくさんあり「今から一緒に行こう!」と誘ってくださり、非常に親切に教えていただくことができました。

DSCF8570.jpg

日の入りまで約20分。
撮影ポイントは自動車店のすぐそばのようでした。

夕日の力が強いので、「今日、はじめて来たのにダルマが撮れるのはラッキー」と言われて期待に胸を膨らませます。
この夕景でも十分きれいなんですが(笑)


DSCF8583.jpg

しばらく待っていて、大三島橋を夕日が越えたあたりから夕日の力がだんだん弱くなってくるのを感じました。
だるま夕日を追いかけて3年になるわたしは「ちょっとヤバいかも」と思っていたところです。







DSCF8585.jpg

「弱いなぁ」と思いつつ、シャッターを切ると海面にダルマになりはじめる夕日が映りはじめました。
「お!行けるかも」と思っていたら・・・




DSCF8591.jpg

なんと!
夕日の右側が島陰に隠れてしまいました!!!
(左側はだるまになっています)




DSCF8599.jpg

結論から言うと、このポイントは10日ほど時期が遅いのではないか?と感じましたが、
自動車店の社長さん曰くは「時期的には11月から1月末まで見れる」ということでした。
ご親切にありがとうございました。

ただ夕日を逃しても、沈んだあとの20~30分後に「夕焼け」が見えるのだそうです。

夕日の力が弱くなったのは、山口や大分の天気がよくないこととPM2.5の影響があるとの事。
いろんな条件が重ならないと撮れないだるま夕日は、シーズン中に見れるのは7~10日ほどです。






DSCF西浦海岸

ちなみに今治の西浦海岸で撮ったダルマ夕日はこんな感じです。
この日は逆に少し雲が多かったのですが、海面で天気がよくていい感じのだるま夕日になりました。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/395-aa2a207a