NHKで放送された遍路番組でたびたび使用された本があります。
「四国徧禮道指南」

この本は江戸時代の僧・真念によって書かれた遍路ガイド本であり、この本をきっかけに庶民が爆発的に四国遍路に繰り出したと言われるほどです。その遍路本を現代語訳に解説した本が香川大学の稲田教授の書かれた本です。

真念遍路本

この本は限定本であり非売品でした。
わたしのブログでも都度、在庫状況を確認しながらブログをご覧の皆さまの手元に届くように発信しました。
ただこの本は、予定の数が終了して、在庫はすべてなくなりましたので、今では手に入りません。
未だにこの本について問い合わせがありますが、この本を手に入れることは不可能です。




時が経って、この本が講談社から市販が決定しました。
文庫本サイズで価格は1,080円です。

kagawa univ

ある日香川大学から自宅に封書が届きました。
開封すると、この本と手紙が同封されていました。
「○○様のご助力もあり、県内外で大きな反響を呼んだために講談社より出版依頼があったこと。
出版を記念してこの本を(わたしに)謹呈すること。」
等の内容が記されており、たいへん有難くお受けさせていただいた次第です。


さて、未だに問い合わせて来られる方にお願いがあります。
非売品はすでに在庫はありませんので、今回、新たに講談社から市販されるようになった本を購入してください。
購入は本屋さんに行くか、もしくはパソコンで見ている方は、ブログ左側の帯の中にある「amazon.co.jp」からこの本の出版社(講談社学術文庫)と本の名前を入力すれば手に入れることができます。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/377-223f744a