前回は橋げたの裏面にあるメンテナンス用のゴンドラに乗るまでの様子をアップしましたが、今回はここから場所を海中基礎へ移します。主塔に上る前に一番下から橋の構造などを見学することになりました。

DSCF7771.jpg

DSCF7807.jpg

写真のように「下り」は基本的に階段を使用。
背の高い大人は注意しないと頭をぶつけるくらいのスペースです。


DSCF7820.jpg

海中基礎部まで下りて来ましたが、橋げたからほんの5分くらいの時間でした。
普段は立ち入り禁止の場所から見る景色は新鮮です!
しかも驚いたことに海中基礎の周辺は大きなマダイの群れがたくさん泳いでいたことです。
ここで釣りをすれば・・・。




DSCF7830.jpg

上りは、エレベーターを使用。
主塔の頂上(8階)まで一気に昇ります。

主塔はビルのように上にまっすぐ建っていないので、基本は斜めを向いて上昇。
途中で上昇角度が変わるたびに、足元(床)の傾斜が自動でその都度変わることにびっくり!


DSCF7833.jpg

ここを昇り切ると地上226メートル。
あっと言う間に頂上部に到着。




DSCF7839.jpg

目の前には「ガラス」はありません!
生の景色が目の前に飛び込んで来ました。

広島側の主塔部を見て「あ~頂上にいるんだ」と実感。


DSCF7836.jpg

眼下に広がる絶景です。


頂上部にいたのは時間にして10分足らず。
「怖い」という印象はなく、それよりも絶景を楽しむことの方が大きかったです。


そしてこの226メートルから約30メートルに下がった地点にさらなる絶景が待っていたのです!!
それは次回のお楽しみということに(笑)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/374-5a5410a6