愛媛県には子ども達が夏休みに入るといろんな体験型のセミナーや見学会があります。
先日のブログにアップした貨物船の進水式もその一環であり、子どもどころか親も非常に勉強になります。

普段は決して入れない場所に子ども達と一緒に入れる楽しみは実は親の方が体験したかったりもします(笑)

今回はしまなみ海道の中でも、世界一美しいとされる斜張橋「多々羅大橋」の見学会です。
これは毎年1回(夏期のみ)に実施される見学会。
抽選で当選した家族が各組20名限定で参加、我が家は応募4回目で初めての当選でした。

DSCF7889.jpg

DSCF7750.jpg

多々羅大橋が完成した当時は最長の斜張橋でしたが、今では中国やロシアの斜張橋が建てられ6番目になっています。
ただし周辺の景観や橋自体の耐久性、工夫された工法は多々羅大橋が一番に違いありません!




最初に事務所で橋に関する座講があり、橋に関する知識を勉強します。
橋は作るだけでなく、日々のメンテナンスが重要であることを知りました。東京五輪でも新国立競技場が話題になっていますが、海風にさらされ続ける橋のメンテナンスは競技場など大橋の足元にも及ばない大変さを知ることができました。


DSCF7771.jpg

今回の見学場所は、主塔部、橋げた、海中基礎であり、我が班は橋げた部からの見学になりました。
各班(5名)ごとに案内人が付き、少人数で教えていただくことに。


DSCF7828.jpg

橋げたの裏側にメンテナンス用のゴンドラがあります(写真)。
まずこのゴンドラに乗せて頂くことになりました。



DSCF7774.jpg

登りの移動は、主塔の中にエレベーターが設置されていて、それに乗り込むことになります。
ただし下りは、階段を利用しました。




DSCF7777.jpg

ゴンドラでは「もしもの事態」に備えて、全員が命綱を装着します。
また携帯電話も用意されたストラップを付けることを義務付けられています。
メガネの方は、メガネ用のストラップも用意されていました。




DSCF7785.jpg

ゴンドラに乗り込み、途中20メートル先まで進行した写真です。
広島側の景色ですが、まさか橋げたの下からこのような写真が撮れるとは思いませんでした!

ちなみにこの橋げたは、工場であらかじめ作られた橋げたを現地で繋ぎ合わせただけです。
橋の下まで船で運んで、橋の上からクレーンで橋げたを吊り上げたそうです。


次回はいよいよ主塔部分の写真を公開します。







ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/373-08a59d26