今回は四国八十八ヶ所霊場会公認先達の資格についてです。

公認先達の資格を取得するためには、八十八ヶ所寺院のうちの1ヶ寺からの推薦が必要になります。
それぞれの寺院には写真のような申請書が準備され、必要事項を記入し推薦寺院に書類を提出します。

ただしすべての寺院が先達資格の申請を受け付けておらず、申請の場合はお寺に問い合わせることが必要です。
どの寺院を選ぶかは自分次第です(四国4県にお住まいの場合は住民票がある県内の寺院になります)。
これもご縁ですので、何度も巡拝回数を重ねてもご縁がなければ申請することも出来ないことになります。

先達申請書

今年も資格締切が迫って来ています。
遅くとも7月末までには寺院から申請書類を入手して、書類を寺院に返送(持参)する必要があります。

写真は新任先達用の申請書類です。
必要事項を記入し、住民票を添えて寺院に提出。10月までに本人審査が霊場会で実施されます。
審査をパスした方が12月(平日)に75番善通寺で開催の研修会に参加して資格を有することができます。

皆さんもご縁があれば、先達資格を有してみてはいかがでしょうか?
先達を受けることができる最低条件が、霊場を4周以上回っていることです。
(1冊の納経帳に4個以上の納経印が重ねられていることです)

わたしの所にも問い合わせがありますが、もう今年の枠はほぼ埋まっていると考えた方が良いと思います。
問い合わせに関しても、失礼な遍路からの問い合わせには一切、お答えしておりません。
大事なのは漠然と先達資格を取るのでなく、先達になってどうしたいのか?が重要だと思っています。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/369-aa50e2c4