四国遍路用の菅笠を知り合いのお寺の住職に塗装加工を依頼しました。
今、市販されているプレーンの菅笠は雨に弱く、菅笠の上から市販のビニールを被せて使用しているお遍路さんも多いはず。また巡礼用品サイトで最近見られるようになった柿渋を施した菅笠も大雨になると塗装が落ちる傾向もあります。

そこで寺院住職と相談して出来上がった菅笠がこれです。

法龍笠1-1

以前、ブログにも掲載しましたが、これは3回の下塗りを施したあとに仕上げ塗りをします。
その後に上から文字を書いているわけです。
うるし塗料を使用しており、雨の日でも頭に水が染み出てくることはありません。


法龍笠5-1

五大明王タイプの菅笠。



菅笠大

さらに今回は五大明王を前に、二大童子を後ろに書き上げて二大童子の真ん中に守り本尊を追加。
なかなかよい仕上がりになりました。

なお写真は光の加減により、見え方が違っていますが、肉眼に一番近い色は三番目の写真です。

これらの菅笠にご興味のある方は、ブログコメント欄にメッセージを書かずに問い合わせメールフォームを使用して直接メッセージを管理人にしてください。ただし業者の方はご遠慮いただいております。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/364-0ddd0327