高野山宿坊のほとんどが夜9時の門限、お風呂も9時までです。
先達仲間が夜の奥の院に行かれる段取りをしていましたが、檀上伽藍に近い西禅院からはとても合流できません。
わたし達家族の外出は檀上伽藍に絞って、目いっぱいの夜を楽しみました。

夜9時になるとどこからか聞こえる鐘の音。
この鐘の音は気になりませんでしたが、早朝4時前後に鳴らされる鐘の音があり、それを聞いてしまったわたしは眠ることができなくなり、日の出前に檀上伽藍に行く事にしました。

DSCF7204.jpg

朝5時。
門は閉ざされたままでした。
境内の写真を撮っていたら、宿坊のお坊さんがわたしに気づき、正門を開けてくださいました。


DSCF7211.jpg

日の出直後の檀上伽藍。
だれもいない境内は鳥のさえずりだけがこだまします。




西禅院の朝の勤行は6時半から始まります。
任意の参加ですが、総勢20名の宿泊者が参加。外国人に優しい椅子席もあります。

DSCF7217.jpg

すばらしい風景の本堂です。
朝4時から起きているわたしはもちろん本堂には一番乗りでした(笑)

DSCF7218.jpg

3人の勤行は真ん中にご住職を配し、息の合ったテノール調の素晴らしいお声をされていました。
気持ちのよい勤行であり、ゆったりした時間を満喫できました。

DSCF7233.jpg

勤行が終盤になると、ひとりひとりが自身の願いを祈願します。
さすがに外国人は焼香の方法がわからず、じっと見つめているだけでした。


勤行が終わると、ご住職の法話が始まります。
今回は「みなさんは信心を持っていますか?」というお話でしたが、参加者が多かったために普段よりも法話が長めに。
朝食の時間に差し掛かるも、調子づいた住職の話は終わりません(笑)

非常に面白く、興味深かった法話でしたが、先達大会(8時半開会)にギリギリ間に合った感じでした(笑)



なお本堂の撮影はご住職の許可を得て撮影させていただきました。
普段は撮影禁止の場所なので、誰もが撮影できません。わたしは旅行サイトの取材を兼ねてあらかじめ撮影許可をいただいた上で許される範囲での撮影となっております。ご了承ください。


ブログをご覧のみなさん、
西禅院の朝の勤行は心が落ち着く非常に心地よい勤行でした。
ぜひ宿坊選びの際は、西禅院を選んで朝の勤行に参加してください!
わたしもおススメの宿坊です。



ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/358-58ca3f90