四国霊場第45番札所岩屋寺 奥の院「逼割(せりわり)禅定」。
岩屋寺の中で最も危険な行場です。

行場には門が設置され、誰もが簡単に行ける場所ではありません。
門の鍵は納経所でお借りするわけですが、「この人は無理」とお寺が判断すれば鍵は借りれません。

DSCF6416.jpg

行場には、山門から三十六童子行場を抜けて行きます。
途中に44番札所大宝寺に抜ける遍路道と分かれ道があります。




DSCF6428.jpg

看板には「岩の裂け目を鎖とハシゴでよじ登り」とあります。
この看板だけを見ると、なんだか行きたくなくなってしまいますね(笑)

DSCF6429.jpg

この日は雨上がりの朝だったので、足元がツルツルすべる感じがありました。
鍵を借りる時に副住職は「お気をつけて」としか言ってくれませんでしたが…(笑)

ここまで来たら、気合しかありません!


DSCF6430.jpg

堅く閉ざされた門を開ける勇気が心の奥底から沸々と湧いて来ました。
すでにひとりで登る覚悟は出来ています!


DSCF6445.jpg

弘法大師や時宗の開祖・一遍上人もご修行された場所に自分も果敢に挑戦するわけです。
無事に戻って来れるように、それを念じて門の扉に掛かった鍵を開けることにしました。



次回は頂上の風景を紹介します。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/346-01a560ec