四国遍路を何度も重ねているとよく耳にするのが、60番札所横峰寺に向かう林道が冬期(12月末から2月末まで)通行止めかどうか?その他にお参りする方法がないかどうか?です。

はっきり申し上げます。

冬期は「通行止め」です。
林道を管理する「いしづち森林組合」に確認しても同じ答えが返ってきます。
冬期通行止めは、期間中は料金ゲートの手前の橋付近にも「通行止め」の看板があります。
また料金ゲートには、車が入り込まないようにバーやコーンの設置があります。

ただし通行止め期間中でも、バーやコーンが排除されている場合もあります。
組合によれば、それは道路補修業者や林業関係者が保全のために林道に入っているものであり、ゲートやコーンがないからと言って、そのまま林道を一般車が入ってよいとは言っておりません。


お遍路MAP1

横峰寺の副住職さんも通行止めであることを明言されていますし、お遍路マップにも通行止めと明記されています。
それにも関わらず「自己責任」と称して、林道に入る一般車がいます。

通行止めの期間は、林道の通行料(往復1800円)を払う必要はありません。
お遍路には多額の費用が必要です。少しでも巡拝費用を抑えたい気持ちは誰もが持っています。
だからと言って、お寺、管理組合が言い、お遍路マップにある「通行止め」というルールを無視しても良いのですか?

今年は11月中でも道路凍結などで、バスがハンドルを取られて事故を起こしたりして、運転の慣れているドライバーでもそんな状態なのです。通行料を節約しても、あとで自分に帰って来るリスクを考えたら安いものです。

冬期通行止めの期間は2か月あまり。
その期間は別の札所にお参りするなど、お遍路は計画的に準備したいものです。

この冬の通行止めの期間:2014年12月29日~2015年02月28日までです。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/337-48490641