四国霊場第45番札所岩屋寺から第46番札所浄瑠璃寺のへんろ道で三坂峠をくだる場面が江戸時代の僧・真念の記した「四国遍路道指南」に出て来ます。それを興味深く読みながら現地で検証してみました。

くだりて坂半過 桜休場の茶屋大師堂

三坂峠を約40分ほど降りると最初の民家が見えてきます。
それが坂本屋です。


DSCF3022.jpg

坂本屋は江戸時代から昭和初期まで遍路宿として実際に使われた建物ですが、今では地元の有志が週末(土日)のみお接待所として開けていて、歩き遍路の交流サロンとなっています。建物の中には昔のままの囲炉裏もあり、これからの季節はその囲炉裏を囲みながら地元の方とのふれあいが楽しめます。


坂本屋26

「坂本屋」に訪れたことがある方は、この風景に見覚えがあるはずです。
これは坂本屋から見た風景ですが、昔は隣にある建物(画像右側)も「遍路宿」として利用されていたとの事。
(今では空家になっています)

そしてその隣にある建物(画像左側)こそ「茶屋大師堂」のあった場所なのです。
(今では人が住んでいらっしゃいます)




坂本屋21


この地域の地名は「桜」地区です。
その桜地区の休み場こそが、ここにあったのですが、当時の名残があります。
道路沿いの石垣には、当時の大師堂に繋がる「石段」が残されています。

江戸時代の遍路は、この石段を上って大師堂で休憩をしたようです。


堂はこの村の長右衛門建立して宿を施す

今でも石垣の裏側に回ってみると、お遍路さんの古い墓標が残っています。



真念の書いた「四国徧禮道指南」は最近NHKの番組でよく取り上げられていますが、わたしもせっかく現代語訳本を入手したからには、昔の記述と今の道がどう変わっているか?もしくは昔の道に思いを馳せて見て行ければと考えています。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/330-4a315222