四国霊場64番札所 前神寺では開創1200年を記念して、140年ぶりに「大般若経600巻転読会」が開かれました。
大般若経転読会とは、僧侶が大声をあげながら教典を掲げて、経巻名を読み上げる法会のひとつです。

前神寺1-1


午後1時から始まる転読会に出席するために、前神寺に到着したのは12時45分ごろ。
「間に合った!」と思っていたら、すでに境内では僧侶のお練りが始まっていて、お練りを後ろから追いかける感じになってしまいました。到着が遅れたのは、平日開催でもあり、仕事の合間に行くハメになったためです(笑)


前神寺4


予想通り、本堂は満席で空いているスペースを見つけて無理矢理座った感じですが、運よく前の方に座ることができました。ただ僧侶の読経が13時に始まり、いつ終わるかがわからないくらい長い読経でした。



阿闍梨さま(導師様)の合図によって、600巻の転読が始まりました。
初体験でしたが、僧侶が大声をあげるシーンに感動しました。




転読会が終わり、最後に参加者全員が順番に内陣の中へ。
普段は入れない内陣には、ご本尊のほか、釈迦如来立像と阿弥陀三尊のお軸があり、ご縁を結ばせていただきました。



僧侶お練りの際に撒いた記念散華を知り合いの関係者にいただくことができました。

前神寺7




最後に参加者全員に記念のお札が配られ、転読会は無事に終了しました。
このお札は一生持っていてもよいそうです。

前神寺8


140年ぶりに開催された転読会は迫力があり、記憶に残る法会でした。
時間を割いて参加してよかったです。
四国霊場では11月(年内)にかけて、各寺院で様々な記念行事がありますので、「行ける環境にある人」は参加してみてください。普段は見る事ができないご縁を頂戴することができます。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/324-da39b722