四国霊場第37番札所と言えば、高知県窪川町にある岩本寺のことです。

しかし実は明治から大正にかけて(約50年間)の37番札所は岩本寺でなく、愛媛県八幡浜にある「大黒山吉蔵寺」に一時的に札所が移っていたという記録が残っているという。
大変興味深いブログを遍路仲間から紹介されたことを「これは皆さんにも知って欲しい」という思いから、他人様のブログを転載させていただくことにしました。



愛媛西方圏ブログ
(クリックできます)



その事実が本当なら、35番→36番→38番→39番→40番・・・43番→37番→44番→45番(順打ちの場合)になります。(吉蔵寺は八幡浜市旭町に今でもあります)

なんと興味深い札所の歴史でしょうか。
あくまで豆知識としてのご紹介です。深い意味はありませんのでご了解ください。


遍路道から少し離れていますが、時間に余裕のあるお遍路さんは八幡浜に寄ってみるのもいいかも知れませんね!






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/313-b27e6bbd