石鎚山真言宗 総本山 極楽寺 。
先日、先達仲間と一緒に同寺の護摩祈祷に行って来ました。

護摩祈祷は普段は早朝(06:00~)と夕方の一日2回の護摩供です。
前々から「見たら感動します」という言葉を聞いていて、今回はやっとご縁をいただきました。

早朝06:00は、今治から行っても約1時間の道のりなので自宅を5時前には出なくてはいけません!
それはダルマ朝日を撮影するくらいの早起きです(笑)

DSCF4797.jpg

蔵王堂。
早朝の蔵王堂は音がありません。
院代の叩く太鼓の音がお腹に響きます。

四国霊場の経本でなく、お借りした寺院の経本に目をやりながらお経を唱えます。
(はじめてのわたしはお経を目で追う事で必死でした)

DSCF4798.jpg

やがて目の前の御簾が「スッ」とせり上がり始めます。
するとご本尊である石鎚金剛蔵王大権現様が目の前に現れます。

感動の対面であり、鳥肌が立ちます。
言葉もなく、見とれているうちに御簾が次第に下がり始めました。
「あれ!もう終わり?」みたいな…(笑)

極楽寺2
(画像はFacebook神野院代さまページより引用)

その極楽寺でありがたい情報があります。
四国88ケ所霊場開創1200年を記念して、石鎚金剛蔵王大権現様を中央に向かって右に龍王吼蔵王大権現様、左に無畏宝吼蔵王大権現の脇尊二体の権現様が664年ぶりに石鎚山 夏山大祭時に三役そろい踏みとか。

石鎚山 夏山大祭期間
7月1日〜7月10日の間は、朝夕2度でなく1日6回程度の護摩祈祷を受けることができます。
これなら家族もお参りし易い時間帯だと思いますので、感動の対面をしたい方はぜひ三権現さまと結縁を結んでください。

石鎚山真言宗 総本山極楽寺公式HP
(クリックできます)


なお本堂までは約350段の階段を上って行きます。
護摩祈祷を体験後、本堂にも足を伸ばしてみましょう!


場所は県道12号線を石鎚ロープウェイ方面に道なり、右手に「横峰寺(京屋旅館)」の分岐点(バス停)が見えて来たらそこから車で約5分です。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/301-81e0ab88