江戸時代に記された四国遍路のガイドブック「四国徧禮(へんろ)道指南」。
高野聖であった僧・真念が書いた指南本は、瞬く間に庶民に広まり四国遍路が大ブームとなります。

それ以前の四国遍路は「修行」の色が濃く、一部の修行者が修行道場として巡拝するに過ぎませんでした。
彼の功績は大きく、四国遍路がお伊勢参りに次ぐ人気となったわけです。


さて彼の遺した指南本。実は今でも当時と同じ道(一部ですが)を歩くことができます。
ただその指南本は現代人の我々には難解でしたが、今回、読み下し文と解説がついた本が発行されました。

この本は4月4日にNHKで全国放送(一部地域を除く)される番組にも登場する本です。
番組詳細のブログ
(クリックできます)


真念遍路本-2


この本は非売品です。
番組を見た人がNHKに問い合わせしても「非売品」としか返事はありません。


この非売品は限定200冊に限り、手に入れることができます。
2月にこの本をブログで紹介して以降、たくさんの方からメッセージをいただきました。

3月31日現在、まだ在庫はあります!

ご興味のある方は、わたしに直接メッセージを送ってください。
PCビューの場合は、左にある「お問い合わせ」フォームから入力してください。
コメント欄にメッセージを残す方がいますが、それにはお答えしません。

「お問い合わせ」フォームからコメントを頂戴した方対象に応募方法をお知らせします。



コメントにはご自身の紹介となぜこの本が欲しいか?を書いて下さい。
「ただ記念に入手したい」などの理由だけでは応募方法は紹介しかねます。

わたしは応募先から「紹介して欲しい」と依頼を受けて紹介しています。
どうぞご理解とご協力をお願いいたします。



☆★2014年11月24日追記☆★
真念の遍路指南本の募集は、『2014年8月末を以って在庫終了』 しました。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/270-d539f997