今年は四国霊場が開創されて1200年の記念の年にあたります。

各札所では記念事業として、独自デザインの記念スタンプを納経時に押印していただく事ができます。
そのデザインだけでなく、記念スタンプの「」も札所によって様々です。

今回はその記念スタンプの色を間違えて押されてしまった貴重な場面を紹介します。




第62番札所での出来事。
この札所のスタンプの色は「緑色」。

納経所の人もまだ日が浅いのか、記念スタンプ用の「スタンプ台」をどこに配置するか?は手探りのようです。
そのためにご朱印用の「朱肉台」と並べてスタンプ台を配置しているようで、画像のようなハプニングが発生するわけです。

62番宝寿寺

納経時は納経所に「お任せ状態」のためにその場で何が起こっているか?は、待っているわたしには不明です。


あ…、すみません間違えました
スタンプの色は緑色ですが、間違えて朱印の色を押してしまいました…





どうやら、朱肉(赤色)と記念スタンプの色(緑色)を間違えたようでした。


わたしはそのほうが「記念」になるので、「全然構いません!OKです」と返しました。
それで、本来の緑色のスタンプを「朱印色の記念スタンプ」のすぐ下に押していただくことができたのです(笑)


モノは考えようです!
本来「札所指定の記念スタンプの色を、ご朱印で押していただけませんか?」なんて、とても頼めないことです!!
わたしはそのハプニングを大いに歓迎し「あのお寺でこんな事があった!」と後々まで話ができるわけです。
なんと!ラッキーなことでしょうか。




長年、お遍路をしているとハプニングもあるでしょう。
それも修行です(笑)

でもこの間違えて押された記念スタンプは今後、「重ね納経」を増やしていくと、ご朱印によって埋没してしまう可能性があるわけで…。この納経帳でこれ以上の重ね納経はできないかも知れません。それはそれで問題かも?(笑)





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/253-bd3d986b