今年は四国霊場が開創されて1200年目の記念の年となり、各札所は大勢のお遍路さんで賑わうことが予想されていますが、年末年始に掛けてのお遍路さんの出足は鈍く、各お寺とも「なぜ?」と首をかしげていらっしゃいます。

それだけ予想に反して静かな記念の年の幕開けとなった感じがしています。

すでにご案内の通り、今年は納経帳に記念スタンプの押印と記念御影があります
納経をするにも記念スタンプを「どこに押していいのか?」を都度お遍路さんに聞く姿も見受けるために、団体遍路が押し寄せた札所は例年の倍以上の納経時間を覚悟する必要があります。


2015年4月19日追記
本文についてブログ運営サイトであるFC2本部事務局より、修正の依頼がありました。
理由はある宗教法人様より、法人の名称を具体的に表示したうえコメント等でも誹謗中傷し名誉を棄損している
というものです。
本部事務局の依頼に基づき、本文の訂正をすることにしました。事実を正確に伝えることで修正・加筆をするものです。
なおコメント欄に書かれたものは、不本意ながらすべて削除させていただきますのでご了承ください。

2015年6月6日追記
4月19日に上記の依頼があり、本文の修正をしましたが、さらに本日、ブログ運営サイトのFC2本部事務局より、
宗教法人が具体的にわかる写真の掲載および法人名を記載し誹謗中傷している旨の連絡が当サイトにありました。
「該当箇所があるようなら削除修正をお願いします」に基づき、さらに本文を一部削除・修正をすることにします。




宝寿寺2
第62番納経所。

記念御影は開創1200年を記念して、お寺のご本尊の梵字を記したもので通常の御影とセットでいただくものです。
過去には明石大橋、しまなみ海道開通時にも記念御影が配られました。この時はこのお寺でも記念御影がいただくことができましたが、今回はそれがありません(ただし通常の御影はあります)。


宝寿寺1
納経の受付時間の画像です。
他のお寺は午前7時から午後5時までであり、昼休みはありません。

わたしがお参りした時間は画像のように納経所が閉鎖されていました。
張り紙を注意深く見ると、お昼の時間(12時から13時まで)はお休みでした
わたしはほかに順拝していたお遍路さんと一緒に納経所が開くのを待つことにしました。


待っている間になにもする事がないので、張り紙を注意深く見ていくとある一文が目に入りました。
当寺は霊場会とは無関係です

なるほど四国霊場会との関係がなくなったので、お寺独自の運営がされているわけです。
いつ無関係になったのか?は不明ですが、それなら仕方がありませんね!


わたしと同じタイミングで62番納経所を訪れたお遍路さんは待つ方もいれば、先に他の札所に行く方もいました。
他のガイドブックにはこの情報が少ないので「62番札所のみお昼休みの時間があること」を事前に情報として発信するものです。
「お遍路さんにとっての1時間」は非常に重要な時間です。このブログ情報は、お遍路さんが時間を有効に使用していただくための情報であります。




宝寿寺3

なお霊場会では62番札所が感知しない記念御影を前後の札所(61番および63番札所)にて配布中です。
ただし配布される記念御影は梵字の「ユ」つまり弘法大師(または弥勒)が記され、明石大橋、しまなみ海道開通時に配布された62番ご本尊の梵字が記された記念御影ではありません。


60番札所に向かう林道(有料)は、冬期閉鎖期間でなくても雪が積もる場合があり、林道が通れない場合があります。
63番札所では60番に向かうお遍路さんに対して、当日の道路状況がどうであるか?を情報として教えていただけます。どうぞ天候が不順の際は63番でお問い合わせください。このようにお遍路さんが知りたい情報は今後もブログで発信して参ります。






ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/251-a06df8c6