四国霊場55番札所南光坊の納経所にて。

納経所には平田さんがいつもいらっしゃいます。
非常にお話し好きの平田さんは後ろにお遍路さんがいないと必ず話掛けて下さいます。
特に女性と外国人に話しかける確率は高いと思います(笑)

理由は「男性よりも女性、日本人よりも外国の人の方が四国遍路の勉強をよくしている」とのこと。
なかなか説得力のあるお言葉ですが、逆に言えば日本人の男性はレベルが低いってこと??(笑)
達筆で漢字のことをよくご存じなので、どこかの住職さんの法話を聴いているみたいです。

お話しをお聞きしたい人は「後ろに他のお遍路さんがいないタイミングで」声を掛けてください。
ちなみに歩き遍路さんならご存知だと思いますが、次の札所(56番)に行く途中の所々に「遍路道」と書いてある黄色の木札(道案内の印)があります。それは平田さんが書いたものだという事を覚えておいてください。


南光坊1

画像の右側には、箱に入った赤いお札を見る事ができます。
これが「霊場開創1200年記念の御影(おみえ)」です。
当初は画像右下にある普通の御影の隣に設置されていたのですが、わたしの方から「何枚も持ち出す遍路がいる可能性」を訴え、平田さんの手元に置くようにお願いしたのです。



記念御影3

いただいた記念御影(画像中央)。
鮮やかな真っ赤なお札です。
画像右側のカラー御影は別途1体200円で授与されます。

記念御影授与初日(12月15日)の07:20ごろ。
いただいた記念御影を早速Facebook にアップしたのですが、すでに何人もの他の先達が「他の札所の記念御影」の画像をたくさん載せていらっしゃいました。自分だけじゃなかったんですね~(笑)
南光坊さんの机をお借りして必死でアップしたのに…。



記念御影2

という事で、他の先達さんでもなかなかアップ出来ない事をしてみました!
画像上段は今回いただいた御影です。
それに平成10年授与の明石大橋開通記念御影と翌年授与のしまなみ海道開通記念の御影を合わせてみました。
合わせてみると、意外にきれいな画像を撮る事ができました。



記念御影の授与期間:平成25年12月15日~同27年05月31日まで
注意点:62番札所のみ記念御影の配布はありません。前後(61番ないし63番)の札所が代わりに授与します。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/248-a39a280c