愛媛・長浜の冬の風物詩「肱川あらし」。

大洲盆地で発生したキリが肱川を下って伊予灘に流れる自然現象を言います。
盆地の冷気と伊予灘の海水温の温度差により一気に川を下るキリは圧巻!

現地では展望台から見ることが一般的ですが、去年から釣り船を出して海側から自然現象を見る現地ツアーが開始され、それに乗っかって来ました。

集合時間は夜明け前の06:30。
ボチボチ空が明るくなり出す頃に長浜港を出港します。
案内人の濱田さんが霧が海にながれるタイミングを見て出発です!



hijikawa2.jpg
霧の先端部分が肱川河口(新長浜大橋)を下る瞬間の画像です。
風速は20メートル。
かなりの風と寒さをこらえての乗船です。
船長さんも慎重に操舵しています。

hijikawa1.jpg
沖の方を撮影。
日の出が近く、空と海のコントラストがきれいです!




hijikawa3.jpg
霧の排出量が多くなるとこんな感じで辺りは真っ白です。
ものすごい風が船を襲います。
これ以上、河口に近寄るのは危険だそうです。
船長さんの操舵がより慎重になります。
(新長浜大橋方面を撮影しています)



船を降りて今度は陸側から霧を撮影します。
(霧の排出量は日の出とともに減ってきます)
hijikawa5.jpg
赤橋(長浜名物)から肱川あらしを撮ります。

hijikawa6.jpg
09:00ごろでも量は少ないながらキリは上流から流れてきます。

hijikawa4.jpg
赤橋の中央は開閉式になっていて「パカン!」と上に跳ね上がる珍しい橋です。
今は観光用に1週間に一度だけ開閉するのみになってしまいました。



肱川あらしは自然現象なのでいつ発生するかは予測が難しいそうです。
しかし前出の濱田さんは現地で毎日予測をしており、事前登録しておくと「明日は出そうです!」という
電話連絡をいただけます。この日は京都からわざわざお越しのご夫婦もいらっしゃいました。


シーズン中にもう1回は見に行きたいと考えています。
大洲の十夜ヶ橋(四国別格霊場)から車で30分で行く事ができます。
機会があればぜひ!




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/243-88c48847