四国霊場第51番札所石手寺では毎年、この時期に菊花灌頂祭を実施中です。
灌頂祭は石手寺の中でも最も重要な行事のひとつで、本堂内に曼荼羅壇を作り、お参りのひとりひとりに清い水を注ぎ、五鈷金剛を手にして心の平等平安と悟りの儀式をするものです。


石手寺灌頂祭3
石手寺仁王門(国宝)は青空と木漏れ日がよく似合います。

何度もお参りをしているのですが、最近知った事実。
仁王門右手奥に最新のトイレがあったんですね!すごくキレイでした。


石手寺灌頂祭4
実施期間は11月10日までです。
1回目 朝9:00から
2回目 夕方3:30から(計2回 / 日)



石手寺灌頂祭5
実施場所:本堂
灌頂祭はご住職が法螺貝を吹きながら本堂に入堂します。
その合図により儀式が始まりますが、お寺の関係者の積極的な勧誘はありません。
自主的に本堂に行かなければ儀式を受ける事はできません。
ご住職が本堂に入堂後、マイクで「今から始めますので本堂にお越しください」程度の案内しかないので、境内にいても気づかない人が大勢いらっしゃいます。


石手寺灌頂祭
本堂に入堂する方法は、本堂と大師堂を結ぶ「渡り廊下」から本堂裏を経由して入堂します。
本堂裏(土足厳禁)に行けば「順路」という文字が見えて来ます。

係りの人がそこで式次第の用紙とお念珠を渡してくれます。
その式次第に基づいて儀式が始まります。

本堂内は撮影禁止です。
ご本尊の薬師如来の前に三人ずつ着座します。
左側にご住職がいます。
着座後、目の前に置かれている五鈷をひとりひとり持って儀式に臨みます。
五鈷はひもで弘法大師、薬師如来に繋がっています。
式次第に合わせてご住職の先導の元、お経を唱えます。

所用時間:5分(ただし待ち時間を除く)です。




石手寺灌頂祭2
灌頂祭でいただいたお念珠。
このお念珠を腕に通して儀式に参加できます。

身心を清め、わたし達の清らかな心を起こし
仏さまとご縁を結び
おだやかで、やさしく ひろい心を持ちます

とは、式次第に書かれたお言葉です。


まさにその体験をする事が出来ました。


11月10日までご本尊とご縁を結ぶ事はできますので、お近くにお越しの際はぜひお参りください。
仮にひとりでも灌頂祭は受ける事はできます(期間内)ので、遠慮は無用かと思います。
ただし金・土・日の午後の部は不定期との事で注意が必要です。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/238-2bd0da7e