お遍路さんにとって道後温泉は51番札所石手寺から一遍上人ゆかりの宝厳寺を経由して52番札所太山寺に向かう途中に位置しているために、「道後温泉本館」近くには時折、歩き遍路の姿を見る事ができます。

今回は道後温泉界隈の記事を旅行サイトの寄稿で取り上げたので、寄稿取材から漏れた部分をブログにアップします。なお道後温泉にはバックパッカー向けの格安旅館がありますので、以前ブログにアップしたものを参考までに添付します。
道後温泉旅館ブログ
(上の青文字をクリックすれば記事が見れます)


お遍路さんがせっかく道後に来たのなら、道後温泉本館を中心に徒歩5分圏内で行ける場所はココ!
①道後温泉駅
夏目漱石の小説「坊ちゃん」で度々登場する坊ちゃん列車。
道後温泉駅で運が良ければ見る事が出来ます。
JR松山駅まで行きますので、そのまま52番に行く事も可能(ただし遍路道ではない)。
道後温泉

②坊ちゃんカラクリ時計&足湯
道後温泉駅前にあります。
カラクリ時計は毎正時になると時計台がせり上がり、坊ちゃんの登場人物が中から出て来ます!
足湯はその隣にありますので、歩きに疲れた遍路の足元を癒してくれるはずです。
道後温泉4

③道後温泉本館
実はここは本館の左側(北側)の画像であり、明治時代の利用客はここ(正面玄関)から出入りしていました。
その名残は扉が3つ今もあります。振鷺閣(一番上の建物)の上で羽を広げている白鷺もこちら(北側)を向いているのがわかります。この角度こそ「千と千尋の神隠し」に出てくる場面でしょう!
道後温泉3

④茶楽
道後温泉本館の裏側から見えます(大和屋本店の向かい側)。
日本茶専門カフェ。
松山で有名な老舗和菓子店「山田屋まんじゅう」が作った癒しの空間です。
画像のお茶セットは294円です。他には本格的に楽しめる玉露や抹茶のセットもあります。
疲れた身体にお茶が浸み込んで元気を回復させてくれます。
道後温泉2


こんな感じの松山特集記事を組んでみました。
仮にこのブログをご覧になり「さらに興味を」持たれた方は、ぜひ旅行サイトの記事をご覧ください。
しかし大手旅行サイトの記事寄稿は「その情報が正確かどうか」の検証作業が必要です。ブログを書くよりも倍以上の時間を要しますので、書き上げた後はかなり疲れます(笑)対してマイブログはそれほど真剣には書いていないので気楽なもんです(笑)

でもサイト寄稿を引き受けた以上、途中で放り投げる事は出来ません。
そろそろ四国霊場開創1200年に向けた記事も書かねばなりません。
ブログのアップは滞りがちですが、緊急避難所的な意味合いも強いので今後もがんばります!



ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/236-41ee5190