近畿三十六不動尊霊場は、大阪府・兵庫県・京都府・和歌山県・滋賀県・奈良県にある不動尊(不動明王)を祀る三十六ヶ所の霊場であり、霊場の選定にあたっては、宗派に囚われず、一般の人々からの立場からの意見を取り入れて、1979年(昭和54年)に古寺顕彰会が中心となり選定された霊場です。

近畿三十六不動尊霊場会
上の青文字をクリックすれば霊場会ホームページに移動します。


大阪出身のわたしは、身近には四天王寺があり、滝谷不動があり、成田山がありました。
子どもの頃から遠足や車の祈祷に行った名刹がこうしてひとつの霊場になった事は喜ばしい限りです。


不動明王は大日如来の化身とされ、密教特有の尊格である明王の一尊であり、五大明王の中心となる明王でもあります。真言宗をはじめ、天台宗、禅宗、日蓮宗等の日本仏教の諸派で幅広く信仰されています。





わが実家の床の間にある納経軸。
これはわたしが巡拝したものですが、押し入れの中に仕舞っているよりも飾る方がお軸にもよいと思うので、ほかの巡拝霊場の納経軸も何本かは実家にあり、時々、桐箱より開封して飾ってもらっています。

近畿36不動
一番左上には四天王寺。
京都の仁和寺や大覚寺の門跡霊場もあります。


近畿36不動2
不動明王図で有名(国宝・重文)なのは、京都・青蓮院「青不動」、曼殊院「黄不動」、明王院「赤不動」。
これら三ヶ寺のご朱印もあります。



近畿36不動3
霊場の選定に際し、一般の意見を取り入れた事もあり、さすがに地元で有名なお不動さんばかりがあり、大変興味深い霊場巡りでした。なお納経軸の中心に描かれているお不動さんは、京都・青蓮院門跡の青不動です。



納経軸の豆知識
霊場で納経を受けた後、霊場に設置されているヘアドライヤーで墨書きを乾燥させる姿をよく見かけます。
この乾燥について「冷風」の乾燥はよいのですが「温風」をあてるのは避けた方がよいと思います。
後々、墨書きが変色してしまい、色褪せの原因になりますので注意が必要です。
ドライヤーで乾燥させる場合は、なるべく墨書きとの距離を取って(近づけ過ぎない)、冷風のみで乾燥させたいものです。できれば自然乾燥に近い「うちわ」で乾燥させるのがよいかと思います。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。













スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/199-c6038d8a