~お大師さんのおる島~

今回はえひめ大島 島四国第56番札所から第まで紹介します。



第56番札所 万性寺(伊予国 泰山寺)
DSCF0890.jpg
このお堂が本四国の何番札所に該当するかがひと目でわかります。

DSCF0892.jpg
大きなお堂は接待所も大きいため、他の巡拝者が集まる傾向にあります。



第57番札所 道場庵(伊予国 栄福寺)
DSCF0895.jpg
比較的小さなお堂なのに、巡拝者が渋滞しています。。。
なぜなのでしょう。

ワンダーランド9
お堂に詰める地元の方が不在で「ご朱印はセルフサービス」だったのです。

DSCF1123.jpg
56番と57番のご納経です。



第58番札所 霊仙寺(伊予国 仙遊寺)
DSCF0900.jpg
巡拝者が途切れた一瞬を突いてパチリ!
(お見事)



第59番札所 金剛院(伊予国 国分寺)
DSCF0898.jpg

DSCF1124.jpg
58番と59番のご納経です。



第60番札所 遍照坊(伊予国 横峰寺)
ワンダーランド10
お堂の向かい側にある覚え書看板を発見。
なるほど、なるほど。

DSCF0903.jpg
先にお経を上げていたお遍路さんが終わるのを待ちます。
「お経をかぶせる」のは極力避けるのが巡礼のマナーです。

DSCF0904.jpg
ここが本四国で60番札所に該当することを指しています。



第61番札所 般若庵(伊予国 香園寺)
DSCF0912.jpg
お堂の前にある梵鐘を突く遍路。
すべてのお堂に梵鐘があるわけではありません。

DSCF1125.jpg
60番と61番のご納経。



第62番札所 大来庵(伊予国 宝寿寺)
DSCF0911.jpg
このお堂には本四国の札所のように「霊場会と関係ありません」の張り紙はありません。
巡拝者が困るような張り紙はすべきではないと思います。
どのような理由であれ、ひとつの寺院だけの意思で「抜け出す事はあってはいけません」。




第63番札所 普光寺(伊予国 吉祥寺)
DSCF0908.jpg
お堂の中には珍しいご本尊が。
身を乗り出して本尊を見入るお遍路さん。

DSCF0907.jpg
本四国のご本尊と同じ毘沙門天のご本尊が身近に見えます。

DSCF1126.jpg
62番と63番のご納経です。




第64番札所 五光庵(伊予国 前神寺)
DSCF0905.jpg


ご縁日の初日に巡拝した寺院はここまで(44番~64番札所まで)です。
ガイドブックには「もっと回れる」ように書いてありましたが、お堂(お接待所)に留まる時間が長く、ついつい島の人と話し込んでしまうために当初の巡拝予定よりも10ヶ寺も少ない道中でした。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/185-c3916dd1