~お大師さんのおる島~


えひめ大島 島四国八十八ヶ所は1807年に開創された霊場で1810年には京都・仁和寺から「准四国八十八ヶ所霊場」の称号と同寺の紋章の使用を許可され、以来多くの巡拝者で賑わい、現在に至っています。
毎年遍路市の縁日(旧暦の3月19日より三日間)には近隣はもとより遠方からの巡拝者が島に集まり、信仰篤き島として全国にその名を馳せています。


縁日の初日は44番札所(下田水港)が巡拝の起点となります。
そういえば本四国も江戸時代は78番郷照寺が起点となった点を考えれば妙に納得です!

第44番札所 十楽庵(伊予国 大宝寺)
DSCF0843.jpg

DSCF0844.jpg
このお堂が「本四国44番札所である事」を指しています。

DSCF1116.jpg
納経帳(墨書きの部分はすでに印刷されており札所ではご朱印のみ押印します)



DSCF0845.jpg
お堂の隣には「お接待所」とあり、巡拝者ひとりひとりに声が掛かります。



第45番札所 岩屋寺(伊予国 岩屋寺)
DSCF0846.jpg
「岩屋寺」というだけあって、山を登って行きます。

DSCF0848.jpg

第45番岩屋寺 大師堂
DSCF0849.jpg
岩屋寺とその大師堂がなぜ別の場所にあるのか??不明です。
両方のお堂ヨコにもお接待所があります。


DSCF1117.jpg
45番の納経帳です。




第46番札所 観音堂(伊予国 浄瑠璃寺)
DSCF0857.jpg
下から登って来た団体遍路と鉢合わせしてお堂は満杯状態です。



第47番札所 法南寺(伊予国 八坂寺)
DSCF0855.jpg
ご住職が在住しているお寺のひとつ。
さすが規模が大きく、境内はきれいに整備されています。
団体遍路が去った一瞬を狙ってパチリ!

DSCF0852.jpg

DSCF0853.jpg
境内を振り返ると、そこはしまなみ海道が眼前に広がります。


DSCF1118.jpg
46番と47番のご納経。
この時は巻頭にある記念ご朱印の存在を知らずでした。
(知らなかったために、もう一度お参りするハメになるとは…)



第48番札所 善女庵(伊予国 西林寺)
DSCF0859.jpg

第49番札所 亀甲庵(伊予国 浄土寺)
DSCF0862.jpg
お堂の廻りには常に地元の方が詰め、巡拝者にお接待をします。
ありがたや、ありがたや~。

DSCF1119.jpg
48番と49番のご納経です。



次回は50番札所からの紹介です。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/179-1b52faff