要注意 ~女性のひとり遍路~


女性のひとり遍路に対する注意喚起をする意味において、今回は敢えてショッキングな事例を紹介します。

最近は「お遍路ギャル」という言葉が流行ったり、NHKで女性の歩き遍路ドラマが紹介されたりして女性遍路が増えた事は大いに歓迎するところです。しかし安易に甘い考えで行動する事は危険です。女性がひとりで行動する時はやはり細心の注意が必要であり、決して「わたしは関係ない」と思わない事が大事です。特に歩き遍路の場合は宿泊日数も多く、少しでも安い宿を選びがちです。ただ安いばかりの宿に宿泊する場合は、非常口の確認の前に「自分の部屋の状態を確認する事」が自身の身を守る上で一番大切な事だと思います。




---------以下引用(名前のみイニシャルに変更)----------


辛く悲惨でショックなお知らせ。  遍路@Yさんより


遍路宿、宿泊関係者、全ての遍路関係者のみなさんへ
 
私の親しい方の知人の若い女性お遍路さんが、宿で性的被害に遭いました。

日時、平成25年4月20日夜から21日未明にかけて
場所、高知県内の宿

事態
同宿した遍路関係者と名乗る男と夕食時に一緒にお酒を飲み、
つい少しだけうちとけて、夜中に男から暴行を受けました。
彼女の「部屋の鍵は壊れていて」うまく施錠が出来なかったようです。

宿泊関係者の皆様へのお願い
大至急、女性一人でも安心して泊まれる宿泊体制を点検してください。
1、いますぐ、各部屋の施錠施設の確認をしてください。
2、万一、緊急事態発生時のお客様と宿との連絡方法の確立とサポート体制の確認
3、女性の一人歩き遍路さんには、特に下記のことをお伝えください。
 ①自分の身は、自分が守ること (特に部屋の施錠)
 ②男性には、くれぐれも隙を見せないこと 
 ③「お接待の申し出」があっても知らない人の車には絶対に乗らないこと
 ④宿には明るいうちに着く計画を立て、暗くなってからの歩き遍路は絶対にしないこと

お願い
お遍路さんが、二度とこのような悲惨な事件に巻き込まれないようにするために
このメールを一人でも多くの知り合いの宿泊関係者に転送等で連絡してください。

==============================

四国八十八ヶ所霊場会 公認先達 M・Y


----------引用終了 ----------

 
遍路@Yさん(歩き遍路のベテラン先達) は「遍路宿、宿泊関係者、全ての遍路関係者のみなさんへ 」と題してこの事実を報告されています。

いたずらに不安を煽る恐れはあるものの、二度と同じような悲惨な目に遭う事例を無くすために情報を公開することは大事であり、この記事に目を通す事で注意喚起に繋がるのであれば一定の効果はあるはずです。
我々先達は巡拝者が楽しい巡拝になるように敢えて注意喚起を促すことも大事な役割だと思っています。


ここにもう一人、女性先達で歩き遍路を9回経験されている方のご意見も紹介します。

GW中に歩き遍路をしている、もしくはする予定の女性の皆さん、くれぐれもお気をつけて。白衣を身につけ、姿勢正しく、スキを見せないように。連休中は宿が取りにくくなるので前日までに予約をしてください。
野宿は絶対にしないように!ちゃんとお金を払って地元に還元するのも遍路の勤めです。
ご質問、ご相談がありましたらお気軽に「NPO法人へんろとおもてなしのネットワーク」のHP
www.omotenashi88.net/ 歩き・女性遍路相談までメールでお問い合わせください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/175-43591366