菅笠の被り方
菅笠は梵字(弘法大師を表す文字)が正面にくるように被ります。
後ろ側の同行二人(どうぎょうににん)は、お大師様と二人で歩くと言う意味です。
四方の文字は「迷うが故に三界城なり 悟るが故に十万は空なり 本来東西は無く いずくんぞ南北有らん」と読みます。
一歩一歩堂4

「迷っているが故に自分がまるで堅固な城壁に閉じ込められているかのように感じるのである。悟りを求めて心身を浄めれば、さまざまなこだわりが消えて心が安らかになる。本来は東も西もなく、我々は宇宙の中の一点に過ぎない。南や北とかのこだわりを捨て、大らかに世の中を渡っていこう。」と言うような意味です。

画像はわたしの菅笠ですが、ビニール製のカバーを付けています。
笠を守るために「しぶ柿」の代わりです。これ300円だから納経代金と同じです。



便利グッズ~笠フィット
一歩一歩堂2
一歩一歩堂3
・笠の五徳(裏側の輪っか)が頭に当たって痛い
・笠に付いているヒモの結び方が今イチ分からない
・トラックの風圧や風の強い日にあおられて笠が飛ぶ


これらの問題が解消できる商品であり、非常に使いやすいですよ(笑)

一歩一歩堂
同商品を装着した画像です。
簡単に脱着可能で洗濯ができるので便利です!!

わたしは地元の仏壇店で購入しました。1300円也。
ネットで買えば安いのですが<送料>を考えるとあまり変わらないかもです。
どうぞ参考になさってください。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/163-5075625c