東日本大震災から2年が経過しました。
被災した方々のためにわたし達は何ができるのでしょうか。

土曜日に参加した瀬戸内倉敷ツーデーマーチでは震災地の写真展がありました。
被災地で男泣きしている男性や祖母(行方不明)に買ってもらったサックスを被災現場で吹く女子高生の写真を見ると思わず込み上げてくるものがありました。
その片隅にローソクの販売コーナーがあり、販売価格200円のうち100円が被災地に寄付されるという趣旨のもので、たくさんの小さな善意が募金箱入れに入っていました。わたしもささやかながら協力させていただきました。



さて四国霊場を巡拝しているお遍路さんはすでにお気づきだと思いますが、霊場会では寺院の本堂や大師堂に張り紙(お知らせ)をしています。参拝の皆さんにもできる事であり「無財の七施」にも繋がる行為です。

震災復興

昨日は霊場寺院の中でも復興祈願の法会が実施されています。

わたし達にできる事。
普段の生活の中でなかなか機会に巡り合えない事もありますが、お祈りする事ならできるはずです。
それが少しでも被災地に届くのであれば。





ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/131-7bd8e72a