四国遍路の年間巡拝者数は、多い例で20万人、少ない例で8万人前後とされています。
ただこれらの数字の根拠はなく、感覚的に言われているだけであり正確な数字ではありません。


今回の紹介はへんろ新聞記事(平成21年9月号)に掲載されたもので、実際に札所から納め札を拝借し年間の巡拝者数を割り出した方がいらっしゃるというものです。


1)平成4年度の調査(西条市に住む男性が64番札所から拝借して取ったデータ)
年間総数:106,500枚
10歳以下:3,478人(5.1%)
11~20:3,901人(5.8%)
21~30:3,818人(5.6%)
31~40:5,943人(8.8%)
41~50:7,285人(10.7%)
51~60:10,297人(15.2%)
61~70:21,144人(31.2%)
71~80:10,114人(14.9%)
81歳以上:1,819人(2.7%)

*(上記の男性は平成6年にも同じ調査をしており、総数で約2,000枚増えたと報告)


2)平成16年度の調査(東温市に住む男性が58番札所から拝借して取ったデータ)
年間総数:122,000枚
10歳以下:1,988人(2.5%)
11~20:2,562人(3.2%)
21~30:3,162人(3.9%)
31~40:5,940人(7.4%)
41~50:5,944人(7.4%)
51~60:10.999人(13.7%)
61~70:27,356人(34.1%)
71~80:18,323人(22.9%)
81歳以上:3,872人(4.9%)

性別:男性約5万人、女性約7万人

集計にあたり、1枚に複数の名前が記されている納め札の場合は3人目以降は排除。
色別でみると、錦札7枚、百回以上の巡拝者は15名。ただし錦札や金札を持ち帰る人がいるので正数ではありません。地域別でみると平成4年時は四国、近畿、中国の順だったのが、平成16年時は近畿が四国を逆転しているという興味ある結果です。
数字を見る限り、やはり60代~70代が全体の半数を占めている事がわかります。


上記3回の貴重な調査から割り返すと、年間巡拝者数は、112,300人という結果になりました。




ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/124-c294a0e1