宗会解散について
<青文字をクリックすれば説明文が見れます>


昨日のブログで「お山が一丸となって難局を乗り越えて欲しい」とコメントしたにも関わらず、本日付けで宗務総長名で宗会解散についての説明文が一般に公表されました。

一般向けにコメントを出す場合、そこまで事細かく内情を明かす必要があるのかが疑問です。
見方によれば、議長派と宗務総長派に分かれて内紛をしているように見えます。反面で資産運用開始時の投資元本評価額(約28億円)が昨年5月時点で総額で12億円も目減りしていた事実(朝日新聞記事)には全く触れられていません。
自身の正当化に腐心しているようにも見え、一信仰者から見れば見苦しいとしか言いようがありません。

今後さらに泥沼化していく事をはたしてお大師様が望んでいる事なのでしょうか?

高野山からは過去にたくさんの高僧が輩出され、たくさんの金言が遺されているはずです。
わたしたち一般市民は折れそうになった時にそれらの言葉を励みに日々戦っているのです。
どうかそれらの有難いお言葉を与えて下さる立場にある方々はその金言を思い出してください。
一日も早い正常な宗会に戻るようにお山が一丸となって難局を乗り越えてください。


「もうノーサイドにしましょう」と言った当時の民主党・野田新代表の言葉が懐かしく思い出されました。



ランキングに参加中です。
記事をご覧のあと、お手数ですが下記の<遍路・巡礼>バナー1回押してください。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。
















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yn0716.blog.fc2.com/tb.php/122-52902a26